カロリー制限しながら太る方法?中高年の健康的な太り方

食生活の見直しは、太るために大事なことです。

それとともに40歳代からは健康にも気を遣いますよね。

ガリガリから太りたいと考える方でも、お腹だけポッコリの不健康な太り方はしたくないものです。

太ることと健康維持のために、40歳代以降の中高年はどんなことに気をつけるべきか考えていて、カロリー制限が重要なことに気づきました。

食事メニューを見つめなおしてみた

食事メニューを見つめなおしてみた

男女問わず誰でも40歳前後になると、明らかに体調の変化を感じ始めます。

ちょっとしたことで疲れたり、経験したことがない病気になったり、病気や怪我がなかなか治らなかったり。

免疫力や治癒能力が落ちてきていることを実感します。

若い頃と同様の生活をしていてはいけません。

なので、食事から考えてみました。

ごはん(白米)の食べ過ぎ

普通の方は中高年になると基礎代謝が落ちてきて、若い頃と同じ食事だと徐々に太ってきます。

私はご飯が大好きです。

若い頃のように脂モノをたくさん食べることはできませんが、白米などの炭水化物は結構な量を食べることができます。

でも、炭水化物の白米に偏った食事は、糖質も多く身体には良くありません。

全体的な食事量を減らすなら、まず白米から減らすべきです。

おかずを増やすと…

野菜中心の食生活が最も健康に良いのですね。

そうすると、なるべく多くのおかずを食べるようになります。

肉、魚類が多いでしょうが塩分脂分に注意が必要です。

糖質は抑えても高血圧、中性脂肪が増えてきます。

やはり、よく言われてる野菜中心の食生活が最も健康に良いのですね。

太りたい中高年も野菜中心に食生活を見直すことをおすすめします。

海外のようにパンやパスタにすれば…

欧米人の中年以降の体型を見ると、食生活はアジア人の方が健康的なのではないでしょうか?

糖質が高くてカロリーが気になる白米やめて、パンや麺類に換えてはどうでしょうか?

でもやはり、原料の小麦は炭水化物なので、糖質を抑えることができません。

また、日本食以外は油分を使う量が多い気がします。

欧米人の中年以降の体型を見ると、食生活はアジア人の方が健康的なのではないでしょうか?

今さらですが、食事管理にカロリー制限

今さらですが、食事管理にカロリー制限

多くの人は食事メニューをみると白米中心です。

野菜に切り替えながら全体量を減らす努力が必要な気がします。

健康的な体型づくりと健康維持のための指標として、意識しだしたのはカロリー制限です。

いまさら感があるのですが、一周して食事管理にはやはりカロリーが最適だと感じます。

成人が一日に必要なカロリーは決まってますので、毎日食事をする時にメニューを考えています。

低カロリー食品で太ろう

もちろん、体重を増やすためには少しだけ必要カロリーをオーバーさせたいです。

しかし、そのオーバーの仕方があります。

脂物高糖質で一気にカロリーを上げないで、低カロリー食品をたくさん摂ることで必要カロリーを超えたいのです。

少しのから揚げで我慢するよりも、うまく味付けした低カロリー食品をお腹いっぱい食べる方が、精神的にも続けていくことができます。

外食はカロリーに注意

カロリー制限は、スタバの飲料やスイーツに注意が必要です。

外食をする時にはカロリーが高いので、メニューをよく見て極力避けるようにしています。

レストランではカロリー表示されているので、計算すると驚いてあまり量を食べられなくなります。

残念ですがカロリー制限は、スタバの飲料やスイーツに注意が必要です。

40歳を過ぎても食べたい飲みたいこれらには、びっくりするほど高カロリーなものもいっぱいあります。

でも、カロリー制限をしてから体型的に理想に近づいている感じがします。

低カロリー代表は野菜

ストレスがたまりますが、私の場合は低カロリーな食品をたくさん食べてストレス解消してます。

まずは先ほどの野菜ですが、キャベツやトマト、何でもサラダやポトフにして食べてます。

たらふく食べてもカロリー計算すれば制限内で安心です。

ドレッシングや味付けなどの塩分には注意が必要です。

フルーツも食べるようになりました。

糖質は高いですがスイーツ等に比べればたくさん食べてもOKです。

野菜に飽きたらコレ!

とはいえ、毎日野菜はキツイもので飽きるしイヤになりますよね。

カロリー制限は1日だけでなく3日合計としても良くて、食べ過ぎてオーバーした翌日はその分を減らしましょうとかやってます。

さらに、私の野菜が飽きたらカロリー制限定番メニューがあります。

  • 白米想定→豆腐、おから、オートミール、グラノーラ
  • 麺類想定→糸こんにゃく、もずく、白滝、めかぶ
  • 肉類想定→鳥ムネ肉、鶏ひき肉、魚、はんぺん、(里芋)

想定しておいしく食べるには、味付けが決め手です。

レシピをネットで検索したりして飽きないようにし満足感を得てます。

里芋を肉類のように感じながら食べるようになれば、想定エキスパートですが、イモ類なのでカロリー低くはないのでしょうか…???

プロテインもおすすめ

プロテインの選び方

筋トレする人だけのモノというイメージのプロテインですが、最近は健康食品と言っても良いでしょう。

大豆を主成分とするプロテインやウエイトアップを目的とするプロテインもたくさん販売されてます。

カロリー制限の一つとして考えておき、小腹がすいたらおやつ代わりにプロテインを飲むのも良いのではないでしょうか?

⇒太りたい人へ、プロテインの成分や選び方

制限もいいけどカロリー消費も

また、健康的な消化を助けるために、カロリー制限とともに消費することも考えていきましょう。

ありきたりですが、ウォーキングやランニング、また軽い登山などの足腰を使う運動を心がけました。

足腰を使う運動で下半身の大きな筋肉を刺激すると年齢的とともに減少している男性ホルモンの分泌が活発になり、体全体の筋肉量を維持してくれるそうです。

男性ホルモンですがこれは女性にとっても大切です。

掃除や洗濯で消費する

大掃除したりすると十分にカロリー消費できます。

難しく考えないでカロリー消費は体を動かせばいいのです。

登山などいつでもできないですが、何度も買い物に出かけたり、いつも大掃除したりすると十分にカロリー消費できます。

散策、散歩、洗濯、模様替えでも良いのです。

カロリー消費は、とにかく無駄でもいいから動いていることが大事なのです。

薄着は厚着は関係ない

いろいろネットでも噂されてますが、厚着だと太るとか薄着だと太るとかは、以前に太りたくて試しましたが私の場合あまり関係ないと思います。

ただし、極端に身体を冷やしたり、お腹(内臓)を冷やすと良くないと思います。

病気になったり代謝が落ちたり食欲がなくなるので、お腹だけは絶対に冷やさないようにしましょう。

微妙な体重増だけど…健康的な体型に

私がカロリー制限をおすすめする理由は、カロリーを計算しながら無理なく太ることができるところです。

栄養バランスも大切で食品は特定を禁止しないである程度食べても、低カロリーを意識しておけば問題ないでしょう。

低カロリー食品を多く食べることで体重は少しずつ増えて、1カ月で3kgと太る方法としては微妙ではありました。

しかし、それ以上に体型が良くなった気がしますし、ダルさが軽減されました。

友達からは体重が増えたのに「痩せたよね?」と言われます。

これ以上ガリガリになりたくないのですが、体重は増えているので悪い気はしません。

体型が良くなるように太りたいと始めたカロリー制限は、40歳代でダイエットに興味を持っている女性にも試してみる価値はあると思います。

⇒痩せすぎの高齢者が健康的に体重を増やすには?

コメント

タイトルとURLをコピーしました