健康的に太りたい方へ

体重を増やして健康的に太りたい、という方へのブログ、私もガリガリでしたが、食生活改善、運動、プロテインやサプリで健康的に太れました。

ファッション

体型をごまかせる、アイテムの選び方は?

投稿日:2017年2月19日 更新日:

http://urx.mobi/BJL0

ガリガリ体型で悩む女性の方
服装をどうオシャレに見せるか
悩んでいませんか?
太れば良いとは簡単に言えますが
そんなパパっと太れたら苦労しない…!
という方がほとんどでしょう。

そこで
今回はガリガリ、痩せすぎの女性が
ファッションでどう自分を魅力的に見せるか?
を考えるため
痩せすぎ女性に似合うファッション
似合わないファッションについて
ご紹介していきます。

アイテムごとに紹介していきますが
至るところにコーディネートの
ヒントが隠れていますので
どうぞお付き合いください。

痩せすぎでも、ニットは似合う?

痩せすぎでもニットは似合う?
痩せすぎでもニットは似合う?

トップスの選び方
春、秋、冬、ニットは一年の中でも
かなり出番の多いアイテムではないでしょうか?

しかし
ニットといってもVネック型は
痩せすぎ女性にとって危険アイテムです。

一口に痩せているといっても
人によって様々でしょうが
痩せすぎな方は鎖骨を見せると
一気に貧相に見えてしまいます!

襟付きのシャツを着れば
多少はごまかせますが
ボタンは必ず開けすぎないように。

あ、
カーディガンも前を閉めればV型になりますが
まあほとんどの方は
インナーをきちんと着るでしょうから大丈夫です。

でも、インナーにTシャツを着る際は
鎖骨を見せない
クルーネックなどを選んでくださいね。

タートルネック・ハイネックは、痩せてるからこそ似合う!

タートルネック・ハイネックは痩せてるからこそ似合う!
タートルネック・ハイネックは痩せてるからこそ似合う!

タートルネックやハイネックのニットは
おすすめです。

アイテム自体がとても上品なのですが
胸が大きい方や太めの方が着ると
余計な色気というか
下品さのようなものが邪魔をしてしまうんですよね。

痩せているほうが素直に
知的で上品な印象を与えられます。

さらに、大人っぽく見せたい場合は
ハイゲージのものを選ぶと良いでしょう。

補足をしますと、、、
ニットにはハイゲージとローゲージの
ものがあります。
ざっくり言うと、網目の粗さの違いです。

ハイゲージ
ハイゲージ
ローゲージ
ローゲージ

画像上がハイゲージ、下がローゲージです。
ハイゲージは目が詰まっているので
網目がフラットに見え
ローゲージは凹凸がはっきりしています。

先ほど
タートルやハイネックのニットは
ハイゲージの方が知的に見える、
と言いましたが
痩せすぎ女性がコーディネートしやすいのは
実はローゲージニットの方です。

凹凸がはっきりしている分
ボリューム感が出て
体型がごまかしやすいですからね。

お尻が隠れるくらいのローゲージニットを着て
細めのパンツを履けば
体全体のシルエットがVラインとなり、素敵です。

ロングカーディガンも、やせ型体型をごまかせるので〇

ロングカーディガンも、やせ型体型をごまかせる
ロングカーディガンも、やせ型体型をごまかせる

また、ロングカーディガンも
体型をごまかしやすいです。

細身の方がガウンのような
ロングカーディガンを着ていると
シルエットが綺麗に見せやすく
相性の良いアイテムと言えるでしょう。

ガリガリ女性が似合う、体型をごまかせる夏の服装は?

ガリガリ女性が似合う、体型をごまかせる夏の服装
ガリガリ女性が似合う、体型をごまかせる夏の服装

薄着の場合夏は暑いですし
半袖、もしくはノースリーブが着たいですよね。
ただ、
ガリガリ体型の方が腕を出してしまうと
貧相で、病気のように見えてしまいます。

でも、長袖はやだ!暑い!

という方におすすめなのが
存在感のあるバングル、ブレスレットを
つけることです。
このような太めのバングルを着ければ
アクセントになり
腕の細さが気にならなくなります。

細めでも存在感のあるものであれば代用可能です。
かといって、カラフルなミサンガをつけても
腕の細さは隠せませんよ。

バングルやブレスレットは
様々なテイストのものがありますので
身につけるアイテムが少ない夏でも
個性が演出できます。

ちなみにリングは
存在感のあるものをつけてしまうと
逆に貧相な指が目立ってしまいます。

つけるのであれば
シンプルなものを選びましょう。

夏のパンツは、どうすればいい?

夏のパンツは、どうすれば?
夏のパンツは、どうすれば?

パンツの選び方夏だからといって
ハーフパンツを履くのはNGです。
理由はもう分かりますよね?

ガリガリ体型の方が素肌を見せるのは
基本的にタブーです。
こればかりは足元にアクセントを持ってきても
カバーできません。

多少丈が短い程度のパンツでも
足首を出すと、貧相に見えてしまいます。
しかし、7分丈までなら
靴下で肌を隠すことでごまかせます。

じゃあ、具体的にどうすれば良い?

靴下を履くことでアクセントを
靴下を履くことでアクセントを

オシャレな柄の靴下を履くことで
アクセントをつけるのも
良いのではないでしょうか?
細身の方は基本的にスキニー等
細身のパンツが似合います。

しかし、ここで気をつけて欲しいのが
細いパンツを履く場合
トップスにボリュームのあるアイテムを選ぶことです。

http://urx.mobi/BJLp

ガリガリ体型の方は
シルエットにメリハリをつけることで
貧相さを出さず、かつ
お洒落に見せられるでしょう。

ただし、素材に注意!

http://urx.mobi/BJLs

あと、もう一つ
細身のパンツを選ぶ際に気をつけてほしいことが
パギンスと呼ばれるスパッツのような
ストレッチ性の高すぎる素材を選ばないことです。

デニムのように素材に厚みがあれば
ピチッとしたものも良いでしょうが
上の画像のような素材ですと
ガリガリ体型の方はシルエットが浮き出すぎて

非常に貧相に見えてしまいます!

余談ですが
太めの方もこういったパンツは
ロースハムみたいになるのでNGです。

最近流行の
太めシルエットのパンツも
体型を隠せるのでおすすめです。

しかし、
トップスが半袖Tシャツなどシンプルな場合
視覚効果でよりガリガリ体型が
目立ってしまいますので気をつけましょう。

先述のロングカーディガンなどと合わせると
素敵ではないでしょうか?

痩せすぎ体型と、スカートについて

痩せすぎ体型とスカート
http://urx.mobi/BJLB

スカートの選び方スカートは
どうしても足が出てしまうため
難しいアイテムです。

ですが、
アイテムの選び方やコーディネート次第で
痩せすぎな方も着こなすことはもちろん可能です。

まず、
タイツやストッキング、靴下などを履いて
肌を見せないようにすることは必須
かと思います。

タイトスカートはやめておきましょう。

身体のラインがはっきりと出てしまうのですが
ガリガリ体型の方はお尻が無い
腰回りが貧相であるため
とてもみずぼらしく見えてしまいます。

丈は膝下を意識すると良いでしょう。

また、形はフレアスカートのように
裾に広がりがある形がおすすめです。

ガリガリさんにおすすめは、こんなスカート!

プリーツ(折りたたんだ形のひだ)や
フリルがついたアイテムを選べばアクセントになり
体型も目立ちづらくなります。

体型をごまかすために、柄アイテムを味方に!

http://urx.mobi/BJMl

総柄のアイテムを選んでみましょう。
花柄や、動物柄など
華やかなテキスタイルのアイテムは憧れますよね。

総柄のアイテムは選び方次第では
ガリガリ体型の人にとって
大きな武器になります。

上記の画像のような大きな柄のアイテムを
選んでみてはいかがでしょうか?

こういった見た目にインパクトがある柄は
痩せ型の人の方が着こなしやすいのです。

例えば
最近は古着にあるような
総柄でゆったりしたトップスが流行っています。
ただ、
このアイテムのように柄が大きく
面積も広いと体が大きな人は見た目のインパクトが
強くなりすぎてなかなか着こなせません。

でも、
痩せている人であれば、柄の強さも適度に抑えられ
着こなしやすくなるのです。
タイツについても同様で
痩せ型の方には大きな武器です。

痩せててもミニスカートが履きたい女性にも、柄タイツは心強い味方に!

痩せてても柄タイツは心強い味方に!
痩せてても柄タイツは心強い味方に!

先ほど
スカートは丈が長いものを選び
肌を見せないように
タイツ等を履いた方が良いと書きました。

それでもミニスカートが履きたい…!
といった方もいるでしょう。

そこで登場するのが、柄タイツです。
タイツはこういった見た目にも
楽しい可愛らしい柄が多くあります。

ただ、これ正直なところ
たいていの女性は足が太く見えるため
敬遠する方が多いです。

しかし!
ガリガリ体型の方であれば無問題。

ミニスカートを履いても
強い柄のタイツを履いてしまえば
足の細さが全く気にならなくなります。

むしろバンバン履いて
周囲に差をつけましょう。

忘れてはいけない、ガリガリ女性の色の選び方

ガリガリ女性の色の選び方
http://kirei-torisetsu.com/archives/29254

全体のコーディネートについて
これまでアイテムごとに解説してきましたが
気をつけていただきたいのが
コーディネート全体の色合いです。

膨張色、収縮色という言葉を
聞いたことがあるでしょうか?

膨張色は実際より物を大きく見せ
収縮色は逆に小さく見せる色のことです。
膨張色は
白、赤、黄色など、収縮色は黒、青、緑などです。

じゃあ、全身膨張色にして
収縮色のアイテムは全部捨てよう、、、
と考えるのは早計です。

収縮色を着ると必ず痩せて見え
膨張色を着れば必ず太って見える

なんてことはありません。

全てはコーディネート次第なのです!

私が言いたいのは
ガリガリ体型の方は
全身黒などのワントーンコーディネートは
やめましょうということです。

先ほどからローゲージの
ボリュームあるニットや
細身のパンツ、タイツを履こう、
などと書いていますが
これが全身同色となると意味を成さなくってしまいます。

色にメリハリを持たせないと
アイテムごとの持つ効果も失われてしまいます。

モジモジくんとか新興宗教の人とか
変なあだ名を付けられる前にやめましょう。

まとめ

どうでしたか?

今回紹介したものはあくまでヒントです。
アイテムの選び方、コーディネートの仕方次第で
どんな体型の方でも
素敵に見せることは可能です!

痩せすぎの人にも、体型がかくせるごまかせる
服装、ファッションが必ずあります。

ただ、自分で考えている仕上がりにならない
服装もありますので
そのための”気づき”になっていれば幸いです。

ガリガリ体型の方もぽっちゃり体型の方も
自由にオシャレを楽しんでください。

プッチェ

-ファッション

執筆者:

関連記事

痩せすぎの女性でも似合う服装

痩せすぎの女性でも似合う服装・ファッション

痩せすぎの女性でも似合う服装 最近では、女性ならモデル体型のようなガリガリなスタイルになりたい!と一度でも思ったことがある方が多いと思います。 「痩せたい、整形したい」の言葉を口癖のようにいっている女 …