出産後の体重減少と痩せすぎ、病気の可能性や育児中のコツ

女性
産後の体重減少原因と太る方法はこれ!
産後の体重減少原因と太る方法はこれ!

出産を終えると、多くのお母さんは増えてしまった体重をもとに戻すことを課題としているのに
私はどうしてここまで体重減少し続けてしまうのだろうか…。

と悩んでる女性もいらっしゃいます。

実際には、産後こそこれから始まる育児に備えて体力を蓄えなくてはいけない時期ですよね。

そうわかっているからこそ適正な体格に戻すために出産で使い果たしてしまった体力を回復させる必要があると焦ってしまいます。

なれない育児と奮闘しながらもできるだけ休養を取る、という忙しい毎日を送っていらっしゃいますよね。

出産が終われば、もう何も問題はなくなる…

そう思っていたのに大きな問題なのは出産後だったと知るのは、初めてのお子さんを出産したお母さんには特に多いと思います。

赤ちゃんなんて、おっぱい飲んで寝ているだけなんだから…

なんていう人もいるので中には「どうしてうちの子はこんなに泣きっぱなしなんだろう…。私の育て方がダメなの?」と余計に悩んでしまうママさんも多くいらっしゃいます。

正直、赤ちゃんは泣くことしかできません。

寝るものと思って育てていると「思ったより寝ない」と感じるママさんのほうが圧倒的に多いんですよね。

だから「一体どこで私は休めるんだろう…」と疲れ果ててしまうお母さんも多いのです。

出産後の痩せすぎ、太れないについて

きちんと寝られていないと肝心の母乳も出が悪くなってしまったりします

寝不足のままでなれない育児というのは本当に大きなストレスにも感じてしまいます。

中には一生懸命、命を懸けて産んだはずの自分の子供がかわいく見えない、というほどに追い詰められてしまうお母さんもいます。

そこまでのストレスがあるので食べてるのに産後はガクンと体重が減ってしまうお母さんはとても多いのです。

普通は一定の期間で止まるもの。

中には、なかなか体重減少が止まらないというお母さんもいらっしゃいます。

そうなってしまうと体力的にも持たなくなってしまうので、より大変な悪循環が始まってしまいます。

産後に痩せてしまうのは仕方ないですが・・・

産後に体重が減った原因は?
産後に体重が減った原因は?

中には産後はしっかり食べているのに体重減少が止まらず、周りからも

  • ”細すぎるよ”
  • ”ガリガリになっちゃったね”
  • ”痩せすぎじゃない?!”

なんていわれてしまうお母さんもいらっしゃいます。

ある程度のところまでは

  • 産後であること
  • 授乳で痩せやすくなっていること
  • 産後と育児の疲れ睡眠不足

などで痩せてしまうのは仕方がありません。

それでも健康的にお母さんとしてお子さんのお世話を続ける必要があるわけですから「何とかして太りたい…」という願望をもつのも当然です。

ですが、太れない人が太るというのは難しいことでもありコツが必要になります。

妊娠前と出産直前までの体重の増加が少なかったお母さんも、産後の体重減少のほうが多く妊娠前よりも痩せてしまうのは実際によくあることなのだそうです。

気を付けておきたいのが「甲状腺機能低下症」というもの。

これになってしまうと急激なスピードで体重が減少してしまうこともあるようです。

妊娠中というのは赤ちゃんを育てるという大きな目的のために体の免疫機能が低下した状態になっているのですが、産後にはそれも元に戻るということでものすごい差になります。

そのタイミングで元に戻らず甲状腺機能が低下したままになってしまうと体重減少だけではなく、無気力になってしまったり極端に寒がりになったり便秘になってしまったりという困った症状まで併発してしまうこともあるようです。

出産後の生理不順で、太れないことも…

出産後の生理不順が原因で、太れないことも…
出産後の生理不順が原因で、太れないことも…

妊娠出産という大きなイベントをへて、個人差がありますが生理が復活する時期がやってきます。

体重減少がひどく痩せすぎてしまったお母さんの中には妊娠前は定期的であった生理が不順になってしまうというケースもあるのです。

生理不順というのは単純にいつ生理が来るのか予測できなくて困る、というだけではなく頻発月経になってしまう(頻繁に生理がやってくる)と貧血状態にも陥りやすくなり、授乳も困難な状態になってしまうこともあるのです。

産後かそうでないかにかかわらず生理不順というのは痩せすぎが原因または関連してるものです。

産後は、まだまだ体ももとに戻り切っていない状態ですから、いきなり出産前とまったく同じように生理が再開するかと言われるとそれも難しいもの。

これくらいなら生理不順ではないから、と楽観視しすぎてしまうのもいけません。

産後はこれからも頑張らなければいけないご自身の体もいたわるという意味もこめて、生理不順を疑う状態になったなら早めに婦人科を受診しましょう。

生理不順が痩せすぎによるものであれば、まずは体重を増やすことが大切な課題になります。

ただ太るというだけでは不健康に偏ってしまう場合もありますからこれからの育児に備える意味でも”健康的に太りたい”と考える方も多いと思います。

産後1年以上または離乳食が進んでも痩せすぎの時は?

妊娠中に太っても授乳をしている期間で痩せるよ」なんて話を聞いたことがあるでしょう。

確かに自分の体も維持しながらもう一人の子供を育てるための食事を、自分の体で準備しているわけですから痩せるのも納得です。

実際に、完全母乳でお子さんを育てると子宮の回復も早く、増えてしまった体重も自然と減少、中には妊娠前以上に痩せてしまうという方も多くいらっしゃいます。

中には4,5キロの減少でとどまる方もいれば7キロ、多いと15キロ近く減少してしまったという方もいらっしゃるようです。

体重減少はある程度の時期で止まるものです。

個人差がありますが、一つの目安として1年以上、または離乳食がかなり進んで母乳の必要量は減っている時期でもまだ現象し続けているという場合は、内科や産婦人科を受診してみてください。

中には妊娠、出産というイベントをへて甲状腺に異常をきたしている場合もあるのだそうです。

体重が減っているだけではなく

  • 目がチカチカする、
  • のどに違和感を感じる、
  • 暑いもしくは寒いといった感覚が強い、
  • うつ状態など、

思い当たる節があれば、早めに受診することが勧められています。

産後の体重減少は病気の可能性がある?

出産後の体重減少は多くの方が当たり前に経験するものです。

特に完全母乳で育てていらっしゃるお母さんなら、慣れない育児、眠れない生活、母乳を作るということでどんどん体重が減少していきます。

中には病気の可能性が否定できないというよりも、「産後だから痩せるのね」と楽観視していたけれど、実は疾患によるものだったというケースもあるのだそうです。

例えば、産後鬱

病名を聞いたことがあると思いますが精神的な病気もあります。

甲状腺に異常をきたしてしまってバセドウ病などになっていうこともあるのだそうです。

産後に発症するケースは意外と多いのだとか!

ほかにも、子宮内感染症、膀胱炎、腎盂炎妊娠中毒後遺症といった病気であったり貧血、乳腺炎という産後ならではの病気の可能性もあるのだそうです。

なれない育児から体も弱りやすい時期、特に産後のこだちという言葉にもあるように産後の回復期にはしっかりと休んで育児に専念するということを、できる限り心掛けておくと早く抜け出せるのではないでしょうか。

痩せすぎが気になるなら健診時でもいいから相談を

出産、育児というのは子供がかわいいからこそ頑張ってしまう母心とは裏腹に、本当に過酷なものでもあります。

かわいいから、というだけでは乗り切るのは難しいこともたくさんあります。

だからこそ、かわいいお子さんと幸せな時間をしっかり満喫するために、自分の体をいたわるということはとても大切なことなのです。

取り越し苦労でもよいので、もし少しでも不安な症状があったら内科や産婦人科に相談するというのはまったくおかしなことではありません。

定期健診時に相談でもいいでしょう。

忙しい育児に追われて忘れないように、育児日記などにメモしておくのがコツです。

ただし、

妊娠している間に体重がほとんど増えていないくらい(必要最低限しか増えていないような状態)なのに、体重減少が元の体重の-10%以上のときには病気を疑うそうですが、体力的にもかなり厳しくなってしまいますので、できるだけ早い段階で病院を受診しましょう。

産後は体重が減るものです、太りたいと焦らずに

出産して体重が減るのは多くの妊婦さんが経験していて、むしろ皆さんが望んでいる結果なのですが、それには限度もありますよね。

育児は本当に体力勝負というのはやってみて初めて分かることでもあります。

体力を維持するため体重が減りすぎは、嬉しく無かったりもします。

もともと、あまり体重が増えていなかったお母さんにとっては困った状況です。

一般的に産後に体重が減る、ということは当たり前の現象で、完全母乳で育てているお母さんはより多くの体重減少を経験しています。

ですが、

離乳食を食べるようになってお子さんが必要とする母乳の量が減ってきたら、自然と体重減少に歯止めがかかるケースも多くあるのです。

それを超えてもまだ減り続けているときは、きちんと病院で診てもらいましょう。

病気がなければ減りすぎた体重が回復することを経験しているお母さんも多いです。

気になる症状が体重減少以外は思い当たらなければ、神経質にならなくてもよいのかもしれません。

中には産後10キロ近く減ったのに気が付けば母乳が落ち着いたころ、元の体重(妊娠前)に戻っていた、と嘆いていたお母さんもいますよ。

産後の痩せすぎはよくある?でも気になる時は診療を

体重が減る、ということは完全母乳で育てているとよくあることです。

体がつらくなってきていたり体力が持たないと、育児を思う存分楽しめるほどの余裕がなくなってしまいます。

もともと標準体重を切っていたお母さんにとっては特に気を付けておきたいのが、生理不順になったり生理が止まる、閉経してしまうといった影響が出ることもあるのです。

生理以外にも疲れやすくなってきて甲状腺に異常をきたしてしまったり、自律神経を乱してしまったり体の辛さから精神的な疾患を患ってしまうケースも考えられます。

ひどい体重減少があれば、まずは一度、産婦人科や内科婦人科を受診して医師の見解を聞くというのはお勧めです。

出産後に太りたいなら「ユルく」、昼寝、運動、間食

産後に太りたい、健康的に太りたい時は、この3つを心がけてください。

寝不足になりやすい時期でもあります。

寝不足は痩せてしまう原因になりますから忙しい時間の合間をみて時々は自分の体をいたわり、その後の育児に備えるためにもお子さんが寝ているときに一緒に添い寝をしたりして体力の回復を図ってください。

また、運動不足で筋力が落ちて痩せてしまったというケースもあります。

ある程度は運動もしておくことで健康的な食欲を維持することにもつながります。

「そういえば最近かなり運動不足だったかも」と思うところがあれば、お子さんを連れて一緒に軽く散歩を楽しむところから始められてみてはいかがでしょうか。

食事の量を増やすのも時間的にかなり制約された産後の育児期間には、難しく感じるかもしれません。

まとめて一度に食べようと思う必要もありません。

食べられる時間があればさっと口に入れてしまうくらいの感覚でも良いのです。

無理に「なんとかしなくては」と思うのではなく「ただでさえ育児で大変なんだから自分のできるペースでできることからやっていこうかな〜」というくらいの緩さも必要なのです。

タイトルとURLをコピーしました