お酒の席をのりきり痩せすぎから太る方法

本物の飲み会好きやお酒好きの方は、痩せすぎが少ないと思います。

どちらかというと、日頃の晩酌で肥満気味になりダイエットを気にする方が多いでしょう。

ガリガリ痩せすぎさんにとって“お酒の席のお付き合い”はなかなかハードですよね…。

できればそんなお酒の席を避けたいですが、ビジネスマンはそうはいきませんよね…。

お酒の席を上手く切り抜ける

接待、職場のコミュニケーションで飲み会にお付き合いしなくちゃという大人の事情があります。

接待、職場のコミュニケーションで、飲み会にお付き合いしなくちゃという大人の事情があります。

飲み会やお酒の席をうまくのりきれば、ビジネスがうまくいったりストレス軽減にもなりメリットがあります。

お酒の席が苦手な痩せすぎさんへ、飲み会をうまくのりきるためのヒントを紹介します。

胃腸に負担をかける飲み会

飲み会の後に夜更かししたら何日もお疲れモードで、胃がもたれてしばらくは調子が悪くて食欲が出ない、食べても気持ち悪くなるなど、とても太る方法どころではありません。

お酒を飲み過ぎたら眠りが浅くなるので、疲れがとれにくく、健康的な生活のリズムに戻りにくくなります。

食べたくない宴会料理で、胃もたれや胃腸不調の不安も感じたりします。

逆に幹事を引き受ける

逆転の発想で幹事を引き受けると、自分に都合の悪い要素を排除できます。

少し面倒な思いをして、キツイ二次会を断る理由に使いましょう。

「二次会はお付き合いできないので、かわりに幹事を引き受けます!」と言えばカドが立たず、「付き合いが悪い」と後ろ指を指される可能性も少なくなります。

お店選びへの不満をどう返答する?

自分都合で野菜などヘルシーなおつまみが充実して良そうな居酒屋を選びます。

「誰だよこの店選んだのは?」「今回の幹事は誰だ!」などと、飲み会のお店選びはどこでも必ず不満が出ます。

幹事を経験したことがない方は心配ですよね。

そのためには、自分都合で野菜などヘルシーなおつまみが充実して良そうな居酒屋を選びます。

出る不満の返答に、「皆さんの健康を考えました!」と言っておき、追加注文などを先導しましょう。

焼酎を中心に

「乾杯はビールで」という風潮を避けない方が良いので、一杯目は諦めてお付き合いします。

そして、二杯目以降は焼酎で決まり。

それは、味が濃い宴会料理とビールの相性が抜群なので、飲み過ぎてしまい次の日の顔パンパン状態を生み出します。

焼酎は無色なので飲み過ぎない為に水の割合を多くして水割りを作ったり、「もう飲みたくない」と思ったら氷に水だけにします。

誰からも「飲んでないね」と文句を言われたり、絡まれたりすることはありません。

他の人の飲み物を率先して作ってあげると、カモフラージュしやすくなるというメリットが生まれます。

お酒の席では食べない???

宴会の時には誰がどれくらい食べたのかということは、誰も気にしていません。

痩せすぎの方は太りたいので「食べないと!」という気持ちは理解できますが、飲み会や宴会の席では忘れましょう。

お酒の席で食べると、アルコールを摂り過ぎることになります。

「会費の元を取ろう」などという気持ちは捨てて、ひたすらコミュニケーションの場と考えてください。

話題が盛り上がれば宴会時間なんてあっという間で、必ず終わりはやってきます。

飲み会後は水を飲んでおく

お酒の席が終わりに近づいたら、または終わって帰路につくときに、水を大量に飲んでおきましょう。

飲み会の後にさらに水分を飲むのはちょっと大変ですが、熱中症対策のようにこまめに水を飲みます。

自分は眠りますが、胃腸と肝臓はこのあとアルコールの分解作業で大忙しです。

その時に、大量に水分を使用しますので、その手助けとなるのです。

水分を補修しておくことで、飲み会後の疲れの度合いが変化し軽減されるでしょう。

まとめ、ストレスを取り除いて消化吸収できる胃腸を

痩せすぎの方がお酒の席のお付き合いを攻略できるようになると、ストレスが減ります。

「飲み会のお付き合いで体調が優れない」なんていうキツイ日々を過ごす必要がなくなり、太る方法を試したり胃腸の調子が戻ってきます。

お酒の席が好きな人は、楽しい時間です。

憂鬱で暗い顔をしていると必ず嫌われます。

紹介したヒントをもとにお酒の席をうまくのりきれば、周囲との軋轢を生まずストレスが軽減され、日頃の体調管理もキープできるわけです。

太る方法で大切なことは、消化吸収できる健康な胃腸をキープすることです。

ストレスの影響を受ける胃腸は、お酒の席ののりきり方もよく考えておく必要があります。

⇒これはダメ。悪い太る方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました