逆流性食道炎、摂食障害、拒食症の方へ

 逆流性胃炎だけど太りたい方に
逆流性胃炎だけど太りたい方に

逆流性胃炎の方は、その症状から食べることに少し抵抗が出るようになり、痩せてしまいやすくなる傾向にあるようです。

私の友人も逆流性食道炎になっていて、いつも「食事をしていても楽しくない、むしろ苦痛に感じる」と言っていました。

結局彼女は3か月で10kgも痩せてしまい体力が落ちて、風邪気味になり病院へ通うことになりました。

そんな逆流性胃炎だけど太りたい方を対象に逆流性胃炎でも太るコツをご紹介しますね。

逆流性食道炎の人が太る方法は?

逆流性食道炎の人が太るには?

逆流性胃炎でも健康的に太るためにはいくつかコツがあり、私たちが太れない理由は大きく分けて2つ理由があります。

  1. 一日に必要なカロリーが取れていない
  2. 胃腸で栄養を吸収する力が足りない

逆流性胃炎の場合は、実際に荒れてしまうほど胃液に消化力があるわけですから、2番の「消化力が足りない」というのは考えにくいです。

”食欲が落ちた結果一日のカロリーが足りなくなっている”ということが考えられます。

過食、空腹状態を避けましょう

胃酸出すぎを避けるため、食べすぎ、空腹の時間を長くしないことが大事です。

胃の中に適度に食べ物があるようにすることが必要で、軽食や果物を間食や食後に食べてみてはどうでしょうか。クッキーやチョコレートなどのお菓子でもいいので空腹状態を避けましょう。

ただし、過食にならないように食べる量は自分に合った分量を意識してください。食べすぎにならないように腹八分を心掛けておき、アルコールや炭酸を取りすぎないようにしましょう。

食後は胃腸の消化促進を手伝う

ゆっくりとよく噛んで食べて早食いはしないように注意し、食後にガムをかむなどして消化を促進させましょう。

食後は消化を円滑にするため、ベルトやウエストを締め付ける衣服を避け、前かがみの姿勢にならないようにして背筋を伸ばすことで猫背を意識的に治し、胃腸の働きを助けてください。

食べてすぐに寝ないようにしましょう。寝るときにお腹より上が高くなるように傾斜を作ったり、体の左側を下にするようにして寝てください。

プロテインがおすすめ

プロテインは逆流性食道炎の方だからこそ良い面がいくつかあります。

プロテインは逆流性食道炎の方だからこそ良い面がいくつかあります。

  • カロリーが簡単に摂れるので、食欲不振になっても無理しない
  • 胃がもたれにくい

最近は”体重を増やす専用のプロテイン”も出ていて、まずはプロテインで調子を整えていくことも必要です。

逆流性胃炎を治せば健康的に太ることにもつながります。ぜひ意識してみてください。

摂食障害や拒食症は太ることができるか?

摂食障害や拒食症は太ることができるか?
食べられない摂食障害・拒食症

太るための方法は食べて体に栄養を吸収してもらうことですが、摂食障害が拒食症の方にとってはそれが一番難しいことですよね。

そもそも食べることができても吐いてしまうことも多いです。

では、摂食障害や拒食症の方は、どのようにすれば”健康的に太る”ことができるのでしょうか?

女性は体重が減ると注意

摂食障害や拒食症でもし、このまま体重が減り続けたらどうなるのか?低体重のままでいると、どうなるのか?

「太る方法」の前に摂食障害や拒食症で、もし、このまま体重が減り続けたらどうなるのか?低体重のままでいるとどうなるのか?

大変不安で、太りたい気持ちは理解できますが、摂食障害や拒食症は病気のため早期発見と治療が大切です。

生活習慣の改善など自分でできることをしても症状が改善しないときは、早めに摂食障害や拒食症を疑い、診断を受けてください。

妊娠イベントが心配…

女性は子供を妊娠し出産するという、大きなイベントがあります。

女性は子供を妊娠し出産するという、大きなイベントがありますが体重が減りすぎてしまうと、こんなこともおきてきます。

  • 生理不順
  • 無排卵での生理(妊娠できない)
  • 若いのに閉経
  • 不妊の原因

つまり痩せすぎは「女性としての体の役割」が果たせなくなる…というわけですね。

それ以外にも、標準体型から大きく外れると”あらゆる病気にかかりやすくなります”。

今は年齢定期に大丈夫でも、将来的にはドッと一気に病気になってしまうかもしれません。

今のうちからある程度は太って、体力をつけておきたいところですね。

ちなみに標準体重は、身長(m)×身長(m)×22で求められ、もし、この標準体重から10%以上少なかったら要注意です!

クリニックでは?

摂食障害でも太りたいがクリニックでは?

摂食障害でも太る方法…一番いいのは病院に行くことですが…そんな説教くらうのはもう嫌ですよね(;’∀’)

病院に行くのが一番いいことくらい誰でもわかると思いますが、一応、クリニックに行った場合の話を少し…。

クリニックでは、主に向精神薬を使って治療が始まります。

そのほかには、必要な栄養素を直接体に取り込む「オーソモレキュラー療法」「メガビタミン療法」なんてものもありますよ。

これらの方法は、血液検査で足りない栄養を調べてその栄養を補うものみたいです。

「向精神薬が怖いから病院には行かなかった!」という方がいれば、これらの方法で治療してくれる病院を探すのも、よいかもしれませんね。

まとめ

摂食障害を自宅で自分で少しでも太れるように改善するには?

逆流性食道炎も摂食障害や拒食症も病院に行くべき病気です。

しかし、病院でも治療も大切ですが、日常の生活習慣が原因になっていることも多くあります。

健康的に太る方法は、生活リズムや食生活、睡眠や姿勢に至るまで日常のちょっとした気を付けるべきことから始まります。

逆流性食道炎も摂食障害や拒食症で重度の症状が現れている方は、すぐにでも病院に行って受診してください。

その後は生活習慣の改善は指摘されることが多く、自分の体質に合ったことを探すために試行錯誤したり工夫することが求められます。

また、病院に行きたくない方は自宅で少し頑張ってみましょう。

とりあえず少しずつ改善する方法ならあると思います。

今、食べられる範囲で食べ、プロテインや消化酵素をのみ消化を助けて、食べる量が増やせたら、無理せずに少しずつ増やしていく方法を試してください。

タイトルとURLをコピーしました