食べるとお腹が痛くなる人が太る方法

食べると胃やお腹が痛くなってしまう

健康的に太りたい、体重を増やしたい、と思っているのに、なぜか”食べるとお腹の調子が悪くなってしまう”というあなたのためになる情報をお届けできれば幸いです。

もし病気が原因なら

健康的に太るためには、栄養を補給し消費カロリー以上を摂取しないと太ることはできませんよね。

  • 胃の調子が悪くなってしまう
  • 吐き気がする
  • 腹痛がする
  • 下痢になる

こんな症状に阻まれて思うように食べられない、何を食べたらいいのか、といったジレンマを抱えていらっしゃる方もいます。

食べないことには”太る”ことはあり得ませんが、この状況下でどうやったら太れるのか?なぜ、この症状になるのかをきちんと理解して対策することが必要になります。

”食べたいけど食べられない病気”もある

例えば「過敏性腸症候群」や「過敏性腸炎」「慢性胃炎」といった病気に知らずに陥っている可能性もあるのです。

特定のもの、揚げ物や脂っこいものを食べたりすると決まって胃の調子が悪くなる、だからきっと自分は胃腸が弱い体質なんだな、と思っていたのに、実は病気だったということもあります。

まず、自分の体を正確に把握するために気になる症状を伝えて、内科や消化器内科を受診してみることをお勧めします

健康的に太るためには、健全な胃や腸といった消化器官がとても重要です。

食べてもお腹を下してしまう「過敏性腸症候群」「過敏性腸炎」などの病気を抱えていると、食事の量を摂っているつもりでも、突然、下ったりしますしきちんと消化吸収がされていない、という状況下にあるので、当然太れません。

また「慢性胃炎」になれば、食欲そのものがあまりわかなかったり、脂っこいものも避けてしまいがちですから、太るほど食べられません。

胃や腸を元気にするため、弱ってしまった胃や腸を改善するとき、どんなことができるのかを考えていきましょう。

食べると、お腹が痛くなってしまう場合は…

食事をするとすぐにお腹がいたくなって急いでトイレに行くと、いつも下痢で落ち着いて食事ができていない…そんなお悩みがある方は「過敏性腸症候群」という病気の可能性があります。

大腸や分泌機能の異常によって引き起こされるものの総称なのです。

本来、人間など生き物はストレスを感じると、ひどいものではなくてもお腹に異常をきたすことはあります。

ですが「過敏性腸症候群」になってしまっているとそれが過敏に反応してしまう状態になるので、何かちょっとしたストレスでもお腹の調子が悪くなってしまうという状態です。

また「クローン病」という10代から20代の男性に特に多いといわれていますが、お子さんでもかかるという病気もあります。

こちらは、食事をするとおへその周辺や下腹部に痛みを感じ、ケースによっては排便の回数も多くなってしまうものです。

どうして引き起こされるのかというと細菌やウイルスに感染したという説もあれば、精神的な要因によるものだという説もあります。

また、免疫異常ではないかという説もある原因が今一つはっきりしていないということについては過敏性腸症候群と同じなのです。

”お腹が痛くなりやすい食べ物”これを避ければ太れるかも

食べるとお腹が痛くなるそれには、食べ物や食べ方が原因となっている場合もあります。

暴飲暴食や激辛刺激物に注意

例えば当然ですが暴飲暴食をしてしまいがちという方は胃や腸にダメージを与えやすいということもあります。

過去の食生活が原因で消化器官が荒れてしまっていて、今太れないという方もいらっしゃるかも知れません。

また、辛いもの、刺激の強いものが好きだという方に多いのが、ニンニクやトウガラシ、またアルコールや炭酸飲料による刺激で胃酸の分泌が悪くなる状態です。

そして、その結果消化酵素の分泌を行っている臓器の働きが悪くなり、消化不良になりやすい状態の方もいるのだそうです。

私もアルコールは飲めないのですが炭酸が強い甘みのない飲料、そして辛い物が好きで胃の調子が悪くなったことを自覚することも時々あります…。

消化不良になるとどうなるのかというと消化がきちんとされませんから当然、体への吸収も悪くなりますし、下痢になり食べたものをそのまま排出してしまうような形になっているケースもあるので、せっかく食べても太れないという負のスパイラルに陥ってしまうことにもなります。

こんな”飲み物”、グルテンにも注意!

飲み物でも注意が必要です。

よく、「太らないために甘いものを飲むのは好ましくない」と言いますが、お腹が敏感な皆さんにとっても同じで「甘味料、果糖、乳糖などを多く含む飲料」というのはお腹にあまり優しくないのです。

カフェインにも同じことが言え、緑茶、紅茶、コーヒーを摂取するのも多くなりすぎないように調整するのが好ましいのだそうです。

食事の量を一度にまとめて摂る必要もありません。

小分けにすればきちんと消化吸収ができる方もいらっしゃいます。

皆さんそれぞれの体質に合わせて調整しながら、きちんと体に負担にならないような形で食事をとることができていればよいのです。

また、いろいろな食べ物に含まれている小麦の”グルテン”という成分が実は体質的に合わないという方もいらっしゃいます。

これには「グルテン過敏症」というもので過敏性腸症候群と同じようにストレスではなくグルテンに過敏に反応して腹痛、下痢、となってしまう事もあるのです。

おなかが痛くなりやすい食べ物

  • 刺激の強い物
  • アルコール
  • 炭酸飲料
  • 甘い飲料
  • カフェイン飲料
  • グルテン(グルテン過敏症の場合)

となっています。

もちろんグルテン過敏症の方の場合には、グルテンを含まない食品(グルテンフリー)を摂取することがすすめられてます。

お腹が痛くなりにくく、太りやすい食べ物は?

  • 何を食べれば太れるのか
  • どうしたらきちんと消化吸収できるのか
  • お腹が痛くなりにくい食べ物は何か

食べてもお腹や胃の調子が悪くて消化・吸収をきちんとできていない状況ではいくら食べても無駄になってしまいます。

胃や腸の具合を落とさずにきちんと食事をとるために、まずできることは「消化吸収しやすいものを食べて体に取り込む」ということです。

お粥からはじめよう

胃に優しい食事、というとまず思い浮かぶのは、病気の時などに食べられることの多い”お粥”があります。

”お粥”でも健康的に太ることはできるのです。

食べられるもの、食べても調子の悪くならないものを量をできるだけ食べる(もちろん暴食にならない範囲でですが)ことが重要なのだそうですよ。

お粥だけでは味気ないですから、消化に優しい柔らかい物や消化吸収を助けるという発酵食品、大根おろし、酵素の含まれる食品を積極的に取り入れてみてください。

無理して食べるのではなく、いかに”楽に食べるか”が大事!

例えばお肉は脂がちょっと…という方でも一緒に大根おろしを添えて食べればさっぱりとおいしく食べることもできるかもしれません。

おかゆはちょっと…という場合でも、いつもより柔らかめにご飯を炊くということでもいいかもしれません。

あくまでも、あなたの体に合った食品をどうやってできるだけ多く体に取り込めるかこれが重要だということを覚えておいてください。

また、日本食で好まれる方も多い”とろろ”も酵素を豊富に含むので中には大根おろしと一緒に召し上がるという方も多いです。

実際、これは胃の調子を整えたり食事をしても胃がもたれない、といった効果が期待できる組み合わせとして優秀です。

お酒は×だけど、注目の食べ物はなんと塩辛!

すこし意外な食材ですが、発酵酵素という消化にも良い成分が豊富に含まれる食材として注目されるのが「いかの塩辛」なのです。

日本は発酵食品はいろいろと先人から引き継いでいますが、まさかの塩辛が良い、というのは意外でしたよね。

お肉を食べることで栄養のバランスも整えられますが、特におすすめなのが”ハンバーグ”なのです。

塊のお肉でもなく、スライスでもないミンチから作られるハンバーグは食べやすいですし、消化もしやすくなっている、ということで同じ理由でソーセージも良いのではないかという説もあります。

まとめ、これを食べてみよう!

生活習慣の乱れでも胃腸の調子が悪くなります。

様々な要因があると思いますが、よく噛んでこれを食べてみましょう。

  • 消化に優しい食べ物(お粥や柔らかいもの)
  • 大根おろし
  • とろろ
  • 発酵食品
  • いかの塩辛
  • ハンバーグ・ソーセージ

少しずつ食べれるようになれば、その食べ物をメモして試していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました