痩せすぎでも服装を着こなすためにウォーキング

痩せすぎで服が似合わないとお悩みのあなたは、いきなり筋トレやランニングは取り組みにくいと思います。

疲れやすくてやる気がおきにくい痩せすぎ体型は、あなただけではありません。

中高年の方もやっている散歩、ウォーキングのよい始め方をお伝えします。

痩せすぎから抜け出すきっかけ

外出自粛などもあり、一日中何もしないでネットやTVで時間をつぶす生活に、違和感ががない痩せすぎガリガリさんは要注意です。

結論から言いますと、代謝が落ちます。

とにかくやる気が起きない、面倒になるというのはエネルギーを消費せず、またエネルギーを欲しがらない状態です。

マスクをして外に出よう

感染対策のマスクをして外出してみましょう。

まず、空気が新鮮に感じられ屋外ににおいが久しぶりに感じられます。

そして、スーパーが混んでいるなとか、学校は休校かなど、見るもので無意識のうちに脳が考えたり分析したりします。

早速、エネルギーを使いだします。

少し早歩きをしてみる

公園や街ではランニングしている人を見かけますが、いきなりはできませんよね。

ランニングシューズもないし、いつもの服装で走っていると、焦っているのか逃げているのか、何だか違和感があります。

そんな時は、早歩きをしてみるのです。

遠くを見るようにして姿勢よく早めに歩き、汗ばむくらいになれば十分でウォーキングとしては成功です。

グーグルマップの徒歩時間と競争したりして、「グーグル先生の標準時間は遅いなぁ」とか、時間を計測しておくと面白いですよ。

次のステップは、服装?

ランニングウエアを知らない痩せすぎさん。
ランニングウエアを知らない痩せすぎさん。

「すぐにランニングを始めましょう」というのがよくある実用ブログですが、私は違います。

まず、カッコから入ります。

ランニングウエアを知らない痩せすぎさん

痩せすぎの人たちはスポーツに縁がない方が多いので、スポーツウエアをよく知りません。

ノースフェイスやナイキなど、古くからあるスポーツブランドの他に、アパレルやアウトドア系ブランドなど様々なメーカーが入り乱れ、多くのアイテムがあります。

ホントにおしゃれでかわいいアイテムがあります。

たぶん、これを読んでちょっと検索すると、なるほどそうかもとポチりたくなるでしょう…。

絶対、試着する

ランニング、スポーツウエアを買うときのコツとして、試着することが大切です。

しかし、ちょっと待ってください。

ランニング、スポーツウエアを買うときのコツとして、試着することが大切です。

「いつもの服装と違いコーディネート要らないでしょ」とお思いでしょうが、スポーツウエアの色づかいが大胆で、試着でシューズ等のカラーコーディネートを考えておく必要があります。

ブランドによってはいきなり蛍光色とかもありますので、注意しましょう。

テンションが上がる

もう一つ試着には大事な効果があって、ランニングウエアを着ると、テンションが上がってきてウォーキングをする気になります。

ウエア効果は凄くて、何もしていないのにアスリートになった気分にさせてくれます。

試着で気分を高めて、ウォーキング開始のきっかけをつかみましょう。

⇒体型をごまかせるアイテムの選び方は?

痩せすぎが、いきなり走ると痩せます…

やってはいけないのが、いきなりランニングすることです。

ランニングとウォーキングの大きな違いは消耗度で、走る有酸素運動はカロリーを消費し脂肪を燃焼させます。

走るのは我慢しよう

ウォーキングの目的は、大きくカロリーを消費させずに食欲を引き出すことです。

マラソンランナーはガリガリ体型で、すごくたくさん食べます。

アスリートの高供給、高消費の体質に対し、痩せすぎさんは低供給、低消費なのです。

いきなり走って低供給、高消費にすると、たちまち痩せてきて疲れて動けなくなります。

食欲がなくて悩む私たち痩せすぎは、体型が戻るまでランニングするべきではないのです。

ウォーキングは、汗ばむ程度でOK

ウォーキングをして少し汗ばむことができれば十分OKです。

季節や継続時間で変わりますが、ウォーキングをして少し汗ばむことができれば十分OKです。

長時間やりすぎても疲れるので、適度にでOKです。

ランニングウエアをばっちり着て歩いていても、「走るのを中断してるのかなぁ」と思われるくらいで全然違和感ありません。

歩いているだけでアスリート気分も味わえて、少しだけハロウィン仮装を思い出して楽しいです。

服装を着こなす体型には、ランニングウエアで

痩せすぎでも服装を楽しむには、普通の体型に戻ることが必要です。

きっかけとしてウォーキングをお勧めしますが、そのさらにきっかけとしてランニングウエアのコーディネートを提案します。

ウォーキング後はお風呂に長く浸かったりして、良質な汗をかくことで、代謝が促進されて食欲がでてくるでしょう。

その後にスクワットなど少し筋トレしてプロテインを飲んだら、痩せすぎから普通体型に太れる可能性がでてきます。

⇒基礎代謝量とプロテインの選び方

コメント

タイトルとURLをコピーしました