中年の痩せすぎは、もう太れない?

中年の痩せすぎは、もう太れない?

健康維持を考えはじめる中年期の方が、太るために大切なポイントは何でしょうか。

老化現象がはじまり、一生のうちでも大きく体調変化が現れ始める中年期は、食べるだけでは健康的に太ることができません。

野菜と規則正しい生活をはじめたら、料理の楽しさに気づき食欲がでてきて、体型が変わってきた中年期の方のお話です。

中年期は太る方法として健康体にする!

40歳になってダルい時には何が良い?

中年期に一番感じるのは、誰でも体力の低下だと思います。

子供も大きくなり遊びに連れていったり、次第に教育費でお金もたくさんかかります。

仕事では経験と体力がちょうどいい時期で、一番働き盛りでもあります。

しかし、見た目はまだまだ若いですが、ささいな事で体力低下を感じます。

  • 夜少し寝るのが遅くなった日
  • 仕事がハードだった日
  • 早起きをしなければならない日

痩せすぎガリガリの中年は、毎日がダルい方も多いと思います。

これから先の人生ずっとこんなのかな?と考えたら、毎日の仕事はもちろん、好きな趣味なども楽しめないでしょう。

太る方法としてのきっかけに、健康に生活改善できるポイントを説明します。

野菜がダルさ回復に大切!

生野菜は多くのビタミンを含み、体力の回復にとても役立ちます。

これまで野菜を何となく食べていた人も多いと思います。

生野菜は多くのビタミンを含み、体力の回復にとても役立ちます。

私は夜勤をやっていますが、野菜を取らなかった日は、なんだか疲れが翌日に残ってしまう感じがします。

野菜は加熱すると酵素やビタミンなどの栄養素が減少しますので、毎日サラダを作るようになりました。

カット野菜やスムージーで

スーパーが近くにない都会で働く方は、毎日新鮮な野菜を手に入れるのも大変で、準備するのも面倒です。

そんな時は土日にまとめて野菜のカットに専念して、野菜袋やコンテナに保存しておくといいでしょう。

そして、食べる直前にいわゆる「50℃洗い」すると、シャキッと新鮮になったりします。

46歳の夫はスムージーを飲んでて野菜果物を何でもごちゃまぜにしてますが、最近のおすすめは鉄分を多く含む小松菜だそうです。

さらに隠し味として、健康に良いα-リノレン酸のえごま油やアマニ油を少し入れると、「体に良い!」って感じが時間できて、コクもでるのでおいしいらしいですよ。

漬物もおすすめ

にしてくれて、中年の体調管理に適しています。

生の野菜を毎日食べるのは飽きてきたり、保存が足りなくなったりするので、サラダだけではなく漬物で野菜を摂るのもおすすめです。

植物性乳酸菌が多く内臓を健康にしてくれて、中年の体調管理に適しています。

私はキムチを食べますが、漬けて日数が経過して少し酸っぱくなってくる熟した感じのキムチが大好きです。

睡眠の質にこだわろう

規則正しい生活の主役は”睡眠”

人間には体内時計やサイクルがあるので、それを乱さないように生活することが重要です。

カーテンを開けたまま寝て、朝日の明るさで起きるようにして体内時計を整えていきます。

下手に二度寝をしてしまうと頭痛になったりして、健康維持にはたくさん眠る事ではなく、眠る時間帯などの質にこだわるようにしています。

眠りの質を改善することはメンタル面にも良いようで、集中力を上げたり、面白い発想が出てきたり、落ち込む気持ちが克服できるようです。

どの時間帯でもいいから6時間以上寝るのではなく、夜に暗くなってから寝て、朝日で起きるようにしないと「質が良い睡眠」がとれないそうです。

自宅料理で野菜を多めに

40代の健康管理に食生活を見直しました。

仕事でお酒を飲む機会も多く飲んだ翌日は顔のむくみが気になり、腫れぼったい印象でメイクするのもイヤになって「若い頃とは違うな?」と感じます。

今までと同じような食生活では体調を崩してしまうと思い、食事管理を意識しました。

食材のうま味と旬にこだわる

野菜にこだわり、食材を考えるように

季節感のある食事が重要なので、自宅で調理を行い積極的に野菜を取り入れました。

  • 冬場は白菜や柚子、栗・茄子・さつま芋
  • 夏はオクラや夏トマト・スイカなど

旬の食材は栄養素もマックスなので、季節野菜や露地栽培などを買うようにしました。

食材の使い方をアレコレ本で見たり、ネットで調べて工夫してから楽しくなってきました。

食材選びもこだわり、道の駅の産地直売や少し遠いスーパーに行ったりすることも多くなり、選ぶと産地も気になるようになりました。

今まで気付かなかった食材の旨味などもわかるようになり、新鮮な野菜は何もつけなくても旨味があり美味しいので、野菜選びもジックリ検討するようになりました。

最近は、TPPによって輸入の緩和もあり、パクチーや香菜など見慣れない輸入品も安くて増えてきましたので、食材の活用の仕方を調べたりしてます。

塩分は控えめに

減塩で内臓の負担が減ったのか食欲が増した気がします。

日本人は塩分を摂り過ぎてると雑誌で見たので、作る料理を薄味にしてみました。

夫からも味が薄いとクレームがありましたが、夫婦でだんだん薄味に慣れていきました。

美味しさは必要なので、お味噌汁も出汁からしっかり取るようになりました。

私の場合は、減塩で高かった血糖値がかなり下がりました。

味噌汁の味も変わり健康を意識した食事になって内臓の負担が減ったのか、身体が軽くなったように感じます。

変わります。中年の瘦せすぎ

素材を活かした料理が大切だと感じ、色々と楽しく料理のレパートリーが増えてきました。

ローストビーフって電子レンジで簡単にできたり、スイーツも自宅でつくるとできたてで、すぐに食べれば素材の味もダイレクトに感じられて新鮮です。

自宅料理で素材のうまみと新鮮さを実感

新鮮で素材の味がおいしい産直の野菜

外食は塩分が多く味が濃い目で、知らないうちに冷凍食品を食べさせられてます。

もしかすると、安くて体に良くない油を使っていたりします。

自宅で少し食品にこだわってうす味でつくると、新鮮で素材の味がおいしいです。

ピクルスなども自分で作ると美味しさも倍増しますし、食材のうま味が実感できるようになり、できたてのおいしさがあらためてわかりました。

体調変化と食欲増加

野菜中心が良かったのか、睡眠が良いのかわかりませんが、自分で作る料理がおいしいのです。

食生活を変えたことで体の不調が改善され、私の場合は食欲が確実にでてきました。

野菜中心が良かったのか、睡眠が良いのかわかりませんが、自分で作る料理がおいしいのです。

昼食は自作弁当にして、適度に飲みに出かけたいですが塩分や油分に気を遣い、ファストフードを食べないようにしてホントに外食が減りました。

ガリガリ体型で困っていましたが、食事管理で解消され体型も良くなってきたような気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました