子供の痩せすぎが心配、太る方法は?

だっこやおんぶで腰が痛かった時期も過ぎ、お子さんが成長するにしたがい、手をつなぎ歩けるようになります。

いつの時代も子供の成長は、親の楽しみですよね。

しかし、痩せすぎの子供をお持ちのお母さんは、「毎日の食事が足りていないのだろうか?」とか、「どうやったら、体重を増やせるのだろうか?」と毎日のように考えている方も多くいらっしゃると思います。

幼稚園児、小学生になって年齢は上がっていくけれど、食べているのに太れない、もう少し脂肪を付けたいのに…と、お悩みの方に本当に心配すべきことなのか?何かできることはないのか?

といったことを、調べていきたいと思います。

子供が痩せすぎだとどんな問題に?

最近は、小児糖尿病にかかってしまうほどの肥満体形のお子さんも注目されています。

ガリガリ、痩せすぎは、大人も子供も体に負担がかかるものです。

将来には、貧血、乾燥肌、冷え性になったりという比較的軽いものから、胃が弱かったり、骨格がゆがみやすい、肩こりがきついなど、といったことになったり、女の子なら不妊の原因になってしまう、ということもありますから重要な問題ですよね。

疲れやすく、疲れが抜けにくいという特徴もあり、将来的に普通に生活できなくなってしまうことが心配ですよね。

痩せすぎの子供は偏食が…

痩せている人に多い「好き嫌い

痩せている人には「好き嫌いが多い」という特徴もあるようです。

好き嫌いが多い、ということは食生活も偏ってしまうことが多くなりますから、例えば貧血がひどくなる、乾燥肌になるといった症状が重くなって表れてしまうこともあります。

お子さんが乾燥肌であることも多いと思いますが、大きくなって治ると思っていたのに一向に良くならない、疲れやすく元気がないなどの原因は、栄養バランスが崩れている”偏食”が影響しているかもしれません。

神経質な子供

痩せすぎている人の特徴として、神経質な性格の方が多いそうです。

痩せている人のすべてが神経質だ、というわけではないのでしょうけれど、人付き合いをする面から見ても、世の中を渡り歩いていくうえでも、あまり神経質になってしまうと、生きづらいということもありますから心配です。

痩せすぎの理由が少食や極端な偏食による場合には、カルシウム不足になってしまうこともあります。

カルシウム不足によって低身長になってしまうこともありますから、将来的に気になりますよね。

痩せすぎの子供は骨が弱い

”カルシウム不足”つながりですが、痩せすぎの子供は成長期なのに骨がしっかり成長していないケースが多いです。

骨密度が低い骨粗鬆症も有名ですが、痩せているということは筋肉も付きにくい体質となり、年齢とともに筋肉が落ちる高齢になると、筋力が弱すぎて自分で自分の体を思うように動かせず転んでばかり、なんていうことにもなるのだそうです。

最悪の場合、筋力が足りな過ぎて歩くこともできなくなる、寝たきりの状態になってしまうこともあるのです。

子供が食べているのに太れない原因は?

食べているのに太れないお子さんもいらっしゃいます。

中には、お母さんもお父さんもとても痩せていて、家での食事がやはりヘルシーなんだろうと思わせるようなご家庭もありますよね。

体型は遺伝にもよるということで、親が痩せているのに子供が太れるわけがない、とあきらめてしまっているケースもあるのかもしれません。

少食に気づきましょう

遺伝だとどうしようもないと感じてしまいますが、遺伝の痩せ体質は改善が可能です。

よくある原因としては「食べていると思っていたけれど、実は量を食べられていなかった」というケースです。

小さいときから育てていると「十分食べるようになったな」と感じられてしまう量を食べていても、同じ年頃のお子さんが摂取すべきカロリーを下回っているケースが多いのだそうです。

少食が要因です。

⇒食べるとお腹が痛くなる人が太る方法

「どうして太れないんだろ…」に気づく、第一歩はこれ

これに気づくための簡単な方法として、一週間分の食べたもの、食べた量を記録してみましょう。

手書きのメモでも、携帯メモでも何でもよいのでとにかく記録してみること。

それをもとに、この年齢、体格でどのくらい食べていれば一般的な範囲なのかをネットで調べてみてください。

そうすることで、食事量やカロリーを冷静に判断できます。

記録してみた結果「やっぱりきちんと食べられていた」となった時には、どうして食べているのに太れないのか、が気になりますよね。

その場合に多いのが「消化器官が弱く食べたものをきちんと消化吸収できていない」というケースです。

消化器官が弱い状態をどうやってサポートするかということが重要になってくるわけですが「消化しやすいもの、消化器官への負担の少ないもの」を食べさせてあげることで解決できるのだそうです。

無理に大人と同じにしようとしないで、あくまでもお子さん一人一人に合わせて考えるのが重要なのです。

⇒太るサプリ”プルエル”は子供も飲めます。

食事以外でできることは?

子供の痩せすぎをサポートしていくために、お母さんとしてできることは、あくまでも明るく前向きに、「あとは何ができるかな」と模索することです。

お子さんはお母さんを見ていますので、お母さんの不安な気持ちというのも確実にお子さんに伝わります。

ストレスもまた健全な成長の妨げになります。

お母さんにとっても余計なストレスを抱えてしまう、気持ちを重たくしてしまうだけなので、「子育てにはみんないろいろな悩みを抱えていて、何も特別なことじゃないんだ」と思ってください。

意外かも?運動は太るために○

適度な運動をする」ということは健康的に太るためにとても大切です。

運動をすることで成長とともに筋肉が付き、自然と消費カロリーはUPし、お腹も減りやすくなります。

屋外で陽にあたりながら運動することで成長も促されて、より健康的な状態へと近づくことにもなります。

消費カロリーもUPし、食事の量も増え、太りやすい状態につながりますね。

感染防止のための外出自粛はありますが、陽にあたることは健康にとても重要です。

ベランダや窓を開放しての読書など工夫して、一日1時間ほど陽にあたりましょう。

「何を食べるか」だけじゃなく「どう食べるか」も意識して!

幼児期に偏食になりがちなお子さんもいらっしゃいますが、無理強いしてでも栄養の摂れるものを食べさせる、ということではなく、楽しく食べるために「好きなものをたくさん食べてもらう」ということも一つの作戦です。

量を食べられるようになり、小学生になって食べられるものも増えてきたとき、良い結果が得られるでしょう。

子育てはどうしても焦ってしまう(時期にあわせて平均以上でありたいという親心がありますから…)ものですが、焦ってもどうしようもないです。

子供は自分で必要なものを本能的に理解しているように感じられることはありませんか?

何か新しいことができるようになる時も、親からではなく、子供が自発的に何かに興味を持ったことをサポートしてあげたほうが伸びていきますよね。

もしかしたら「これはそんなに食べなくてもいいや」と思っているのかもしれません。

心配してしまう気持ちは親なら当然ですが、無理強いして強いストレスを与えずに、少し長い目でみて育児を楽しみ、子供と一緒にニコニコと生活するのが健康的に太る近道になるのかもしれませんね。

⇒血糖値をあげずに太る方法

タイトルとURLをコピーしました