子供の痩せすぎはどんな影響がある?太らせる方法は?

かわいいわが子の成長は、どの親御さんにとっても大切で楽しみでもあるものですよね。

子供の身長がだんだんと伸びて、ハイハイするようになって、つかまり立ち、そして最初の一歩を踏み出して歩き回るようになると、手をつないでお出かけを楽しむこともできるようになります。

だっこやおんぶで腰が痛かった時期も過ぎ、お子さんが成長するにしたがい、手をつなぎ歩けるようになります。

それも過ぎれば、なかなか手をつないで歩く…ということも少なくなり寂しくなる…成長も寂しい気持ちとうれしい気持ちで見つめることになりますよね。

幼少期は「どうしてうちの子はこんなにガリガリなんだろう?」「痩せすぎているから、もしかして毎日の食事が足りていないのだろうか?」と心配して、「どうやって太る、体重を増やせるのだろうか?」と毎日のように考えてしまっているお母さんもたくさんいらっしゃると思います。

幼児の時期、幼稚園児の時期、小学生になって年齢は上がっていくけれど、食べているのに太れない、もう少し脂肪を付けたいのに…と、心配してしまうお母さんの母心と、本当に心配すべきことなのか?何かできることはないのか?といったことを調べていきたいと思います。

子供が痩せすぎだと将来的にどんな問題に発展する可能性がある?

最近は小児糖尿病にかかってしまうほどの肥満体形のお子さんがいる、ということも注目されていますが、逆に痩せすぎてしまっているお子さんが増えている、ということも注目されています。

どちらも心配な状態であることは変わりないと思います。

太っているといろいろな病気が気になるから、痩せているほうが安心なのでは?と思っていらっしゃる方もいるのかもしれませんが、実際に自分の子供が痩せすぎ、ガリガリなどの状態になっているのは親として心配ですよね。

痩せすぎ・細すぎ、というのは子供にとっても大人にとっても体に負担がかかるものであることに変わりがありません。

あまりにも痩せすぎていると女の子なら将来、不妊の原因になってしまう、ということもありますから重要な問題ですよね。

貧血、乾燥肌、冷え性になったりという比較的軽いものから、胃が弱かったり、骨格がゆがみやすい、肩こりがきついなど、といったことも起こってくるのだそうです。

疲れやすく、疲れが抜けにくいという特徴もあり、子供のころというよりも将来的に普通に生活できなくなってしまうと心配ですよね。

痩せすぎの子供は偏食が…

痩せている人に多い「好き嫌い

痩せている人には「好き嫌いが多い」という特徴もあるのだそうです。

好き嫌いが多い、ということは食生活も偏ってしまうことが多くなりますから、例えば貧血がひどくなる、乾燥肌になるといった症状が重くなって表れてしまうこともあります。

小さい時期のお子さんは乾燥肌であることも多いと思いますが、大きくなって治ると思っていたのに一向に良くならない、疲れやすく元気がないなどの原因は、栄養バランスが崩れている”偏食”が影響しているかもしれません。

神経質な子供

少し意外な気もしますが、痩せすぎている人は神経質な性格である、ということも特徴として見られるのだそうです。

痩せている人のすべてが神経質だ、というわけではないのでしょうけれど、人付き合いをする面から見ても、世の中を渡り歩いていくうえでも、あまり神経質になってしまうと自分が生きづらいということもありますから心配です。

痩せすぎの理由が小食や極端な偏食による場合には、カルシウム不足になってしまうこともあります。

カルシウム不足によって低身長になってしまうこともありますから、将来的にも気になってしまうところですよね。

痩せすぎの子供は骨が弱い

”カルシウム不足”つながりですが、痩せすぎの子供は成長期なのに骨がっしっかり成長していないケースが多いです。

かなり先の話にはなってしまいますが、痩せすぎていると老齢になったときに「けがをしやすい」という特徴もあるのだそうです。

骨密度が低い骨粗鬆症も有名ですが、痩せているということは筋肉も付きにくい体質ということになりますから、年齢とともに筋肉が落ちる高齢の時期に差し掛かると、筋力が弱すぎて自分で自分の体を思うように動かせず転んでばかり、なんていうことにもなるのだそうです。

最悪の場合、筋力が足りな過ぎて歩くこともできなくなる、寝たきりの状態になってしまうこともあるのです。

子供が食べているのに太れない原因は?

食べているのに太れないお子さんもいらっしゃいます。

中には、お母さんもお父さんもとても痩せていて、家での食事がやはりヘルシーなんだろうと思わせるようなご家庭もありますよね。

体型は遺伝にもよるということで、親が痩せているのに子供が健康的に太れるわけがない、とあきらめてしまっているケースもあるのかもしれません。

確かに遺伝となるとどうしようもないと感じてしまいますが、実は遺伝による痩せ体質は改善可能なものなのです。

微々たる影響だと考えていただいて、あくまでもお子さん個人でみて「どうして太らないのだろうか、脂肪をつけたいのにどうしたらよいのだろうか」ということを考えることが必要なのです。

よくある原因として挙げられていたのは「食べていると思っていたけれど、実はたいした量を食べられていなかった」というケースです。

どうしても小さいときから育てていると、十分食べるようになったな、と感じられてしまう量を食べていても、実際、同じくらいの年頃のお子さんが摂取すべきカロリーを下回っているケースが多いのだそうです。

小食である、ということも一つの要因でもあります。

「どうして太れないんだろ…」に気づく、第一歩はこれ

これに気づくための簡単な方法として「一週間分の食べたもの、食べた量を記録してみる」ということが重要です。

手書きのメモでも、携帯のメモでもなんでもよいのでとにかく記録してみること。

それをもとに、この年齢、体格でどのくらい食べていれば一般的な範囲なのかを調べてみてください。

そうすることで冷静に判断することができます。

また、記録してみた結果「やっぱりきちんと食べられていた」となったときにはどうして食べているのに太れないのか、が気になりますよね。

その場合に多いのが「消化器官が弱く食べたものをきちんと消化吸収できていない」というケースなのだそうです。

消化器官が弱い状態をどうやってサポートするかということが重要になってくるわけですが「消化しやすいもの、消化器官への負担の少ないもの」を食べさせてあげることで解決できるのだそうです。

無理に大人と同じにしよう、ということではなくあくまでもお子さん一人一人に合わせた形でどうするべきかを考えるのが重要なのです。

”太れないお子さん向けの、太りやすくなるプロテイン”もある

ちなみにですが、”食べても太れない体質の方向け”のプロテインもあります。

このプロテインは「太れない体質でも太りやすい特殊なたんぱく質」を使用していますし、

  • 必須アミノ酸と準必須アミノ酸をすべて配合
  • 牛乳でお腹を壊しにくいように、乳酸菌も配合
  • 国産、無添加、放射能検査済み

なので、お子さんでも安心して飲めると思います。

ドクター・フトレマックス

食事以外で子供に太ってもらうためにできることは?

お子さんがしっかりと育っていってくれるためにどうサポートするか、これこそが世の親御さんの気になるポイントですよね。

親としての最大の役目でもありますから、いろいろと考えても思い通りにいかない、となると行き詰って自分を攻めてしまうお母さんもいらっしゃるのではないかと思います。

ですが、お子さんを一人育てるというのは簡単なことではないのです。

一見順調に育っているように見えるお子さんでも、お母さんとじっくり話してみるといろいろな苦労をしながら育てているのに、まだまだ悩んでいることがあって驚くこともしばしばではないでしょうか?

ですからお母さんとしてできることは、自分を攻めて悪者のように仕立て上げるのではなく、あくまでも明るく前向きに、「あとは何ができるかな」と模索しながら試してみるということなのではないでしょうか。

気が滅入ることもあり、どうにもならないのではないかとしか思えなくなることもありますが、お子さんはお母さんを見ています。

お母さんの不安な気持ちというのも確実にお子さんに伝染してしまいます。

ストレスもまた健全な成長の妨げになりますので、お子様の成長ためになりません。

お母さんにとっても余計なストレスを抱えてしまう、気持ちを重たくしてしまうだけなのです。

まずは、「今はうちの子はこういう状態だけど、みんないろいろな悩みを抱えているのが当然の時期なのだから何も特別なことじゃないんだ」と思っていることを試してください。

意外かも?運動は太るために○

これも「子供を太らせたい!」と願う親御さんには意外なことかもしれませんが、「適度な運動をする」ということも健康的に太るためにおすすめの方法なのです。

運動をすることで成長とともに筋肉が付き、自然と消費カロリーはUPします。

そのためお腹も減りやすくなりますし、見た目も筋肉がつくと健康的になります

外で陽にあたりながら運動することで成長も促されて、より健康的な状態へと近づくことにもなります。

消費カロリーもUPしますから、その分食べるようになり食事の量も増え、太りやすい状態に持っていくことにつながりますね。

「何を食べるか」だけじゃなく「どう食べるか」も意識してみて!

幼児期に偏食になりがちなお子さんもいらっしゃいますが、無理強いしてでも栄養の取れるものを食べさせる、ということではなく、楽しく食べるということを意識してもらうために「好きなものをたくさん食べてもらう」ということも一つの作戦です。

量を食べられるようになり、小学生になって食べられるものも増えてきたとき、良い結果が得られる場合もあるでしょう。

子育てはどうしても焦ってしまう(時期にあわせて平均以上でありたいという親心がありますから…)ものですが、本来焦ってもどうしようもないものなのです。

子供は意外と自分で必要なものを本能的に理解しているように感じられることはありませんか?

何か新しいことができるようになる時も、親からではなく、子供が自発的に何かに興味を持ったことをサポートしてあげたほうが伸びていきますよね。

それと同じでもしかしたら「これはそんなに食べなくてもいいや」と思っているのかもしれません。

心配してしまう気持ちは親なら当然ですが、無理強いして強いストレスを与えてしまうくらいなら、少し長い目でみて育児を楽しみ、子供と一緒にニコニコと生活していけるほうが健康的に太る近道になるのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました