太りたい中学生が摂取するべき食事

中学生などの成長期の食生活は、体も心も作り上げる過程のため大切にしなくてはなりません。

痩せすぎ体型で太る方法はないかと悩んでいる中学生に、アドバイスしたいことがあります。

痩せ過ぎた体型に悩む中学生

思春期の中学生になる頃は、 自分の体型に不満を持ちます。
思春期の中学生になる頃は、自分の体型に不満を持ちます。

小学生以下は、身長体重が少しでも増えると大喜びします。

思春期の中学生になる頃は、 自分の体型に不満を持ちます。

痩せすぎの体型を気にする中学生は、思春期なので気持ちは理解できますが、成長期でもあるので身体づくりも大切です。

痩せすぎ体型のコンプレックスを感じる思春期

痩せすぎの女子生徒は、胸のふくらみもなく他生徒と比べたりして自分が幼児体形と感じて、柔らかみのあるふっくらした体型になりたいと思っていたりします。

ガリガリの男子生徒は、体型が弱々しいと実は気にしていて、勉強や部活などに身が入らない生徒もいます。

思春期なのであまり家族と話しませんが、なんとか体重を増やしてコンプレックスを解消したいと、食事などに気を配っているものの体重が増えなくて悩んでいる中学生は多いと思います。

成長期の痩せすぎは心配

動物の成長期には身体に食べ物のエネルギーが必要です。

ヨーロッパではモデルの痩せすぎが社会問題になっています。

日本でもメディアに登場する有名人は痩せすぎの方も多く、成長期の中学生が絶対に真似すべきではありません。

胃腸も成長期

成長期は食事量も増える時期で暴飲暴食はいけないですが、できるだけ食べる量を増やしていくことも大切です。

しっかり食べられる胃腸は、多くの食事量を消化できて体を成長させてくれます。

乱れやすい生活リズムを見直し食欲増加

睡眠時間をしっかりとり、食欲増加につながる生活スタイルを身につけましょう。

大人も昔はそうでしたが、深夜までの試験勉強やYouTube視聴やゲームで不規則な生活をする痩せすぎの中学生は、ちょっと注意が必要です。

睡眠時間をしっかりとり、食欲増加につながる生活スタイルを身につけましょう。

食欲が増してきたら焦って一気に食べるより、時間をかけて健康的に徐々に慣れていきましょう。

早食いの中学生はよく噛んで

胃腸も成長期のため、消化吸収がまだ大人並みになっていない可能性もあります。

食べ物を30回程よく噛んで、胃腸の消化を助けましょう。

咀嚼しないと血糖値が急上昇し栄養吸収する面でも良くないので、早食いの中学生は注意してください。

太りたい中学生の栄養素は?

糖質は必須

糖質は、炭水化物の「白米」「麺類」をよく噛んで食べることが大事です。

糖質は身体のエネルギー源です。

吸収できていないとエネルギー不足で内臓や筋肉が働いてくれませんので、痩せてしまうことがあります。

糖質は、炭水化物の「白米」「麺類」をよく噛んで食べることが大事です。

また、カルシウム不足も骨の成長に影響しますのでしっかり摂取したいです。

高タンパクをこまめに

3回の食事で必ず肉魚大豆を食べるようにして、2回の間食では成長期用のプロテインを飲むなどです。

成長期の筋肉や血液、脳を作るために「タンパク質」が必要です。

タンパク質は、短時間で一気に吸収できる栄養素ではありません。

一日5回程度に分けて摂取したいところです。

例えば、3回の食事で必ず肉魚大豆を食べるようにして、2回の間食では成長期用のプロテインを飲むなどです。

中学生は、とにかくこまめに高タンパク食品を食べたいですね。

⇒プロテインの成分や選び方

カロリーを気にしてみる

「カロリー数値なんて把握していない…」という中学生が多いと思いますが、少し意識してみましょう。

消費カロリーより摂取カロリーを多くすることが基本です。

「カロリー数値なんて把握していない…」という中学生が多いと思いますが、少し意識してみましょう。

数値化しておくと食事の時に意識しやすくなります。

スマホの運動系アプリや体重計でも消費カロリーを見ることができます。

カロリーを意識すると食事バランスを考えるようになります。

中学生の成長期は、お菓子、ジュース、脂たっぷりのお肉…など、食べても問題ないですが、肉魚野菜の入った三食は必ず食べて栄養バランスのことを注意しましょう。

消化吸収のために発酵食品を食べよう

発酵食品を食べると発酵過程で発生した菌が腸内で善玉菌として働き、腸内環境を整えて腸の働きを良くし消化吸収の効率を高めてくれます。

胃腸を助けて効率良く栄養吸収してくれるのが発酵食品です。

食物によっては消化吸収されにくかったり、よく噛まないで飲み込むと吸収されにくい状態になったりします。

発酵食品を食べると発酵過程で発生した菌が腸内で善玉菌として働き、腸内環境を整えて腸の働きを良くし消化吸収の効率を高めてくれます。

中学生はたくさん食べる時期

成長期の中学生は、やはり、量をたくさん食べることが身体の成長につながります。

1日3食が基本ですが「1回の食事量は増やせない…」という方は、間食やプロテインなどで食事回数を増やしましょう。

1日の実質摂取量を増やせば良いのです。

そのためにはご紹介のとおり、正しい生活リズムや咀嚼で胃をいたわり整腸に注意しなければなりません。

お菓子やジュースなど何でも食べても良い成長期ですが、カロリーや栄養バランスも考えておく必要があります。

痩せすぎ体型から太るためにいきなり食事回数を増やしてしまうと「お腹が減ってないのにまた食事…」という気持ちになってしまいます。

無理のない量をこまめに始めていきましょう。

⇒ウィダー・カロリーメイト・菓子パンを食べれば太れる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました