食事、筋トレはカッコよく太る方法!

ガリガリ体型の人はガッチリ体型に憧れて、さまざまな太る方法を試しているのではないでしょうか?

今回は憧れのガッチリ体型を手に入れた方の体験談です。

ぜひ、この皆さんの太る方法を試してみてはどうでしょうか?

就活中に筋トレで転機が…

私は昔からガリガリの体型で、その影響で人から、馬鹿にされる事が多かったです。

何とかして太りたいと思い、普段からご飯を山盛りにして食べたり、夜寝る前にラーメンを食べるなど、かなり無茶苦茶な増量法をやっていました。

そんな事を繰り返していると、当然胃を痛め、太るどころか逆に痩せてしまう事が何度もありました。

ガリガリの体型のまま小中高大と暗い青春時代を過ごし、いつかはガッチリ体型になりたいと夢を見ていました。

転機はジムから

今まで何をしても体重が増えなかったのに、たった1カ月で身長170cm、体重52kgだったのが55kgに増えていました。

そして、大学3年生の冬に、後にガリガリ体型から脱却する事になるある転機が訪れました。

それは就職活動。

その当時は就職氷河期と言われていた時期で、内定がもらえないまま卒業を迎える学生が多いと世間で話題になっていました。

私は、大学を卒業して無職になる訳にはいかないと考え、早くから就職活動を始める事にしました。

しかし、冷静に考えてみると、私ような貧弱そうな見た目の人間を採用するような会社なんてあるんだろうか?

就職が決まらない人間は、私のような人間なんだろうなと悲観的になりました。

このままでは将来は暗いと考え、就職活動を始める前に貧弱体型を改善する事にしました。

がむしゃらに食事を摂っても太らない事は経験していたので、筋トレをして筋肉を付ければガッチリとした体型になるのではと考えて、近所のスポーツジムに通うようにしました。

筋トレで就職成功???

ジムのトレーナーに短期間で体重を増やすにはどうすれば良いか相談しました。

  • 週3回のウェイトトレーニングと食事量を増やすこと
  • トレーニング後や就寝前にプロテインを十分に摂取する

上記のアドバイスがありました。

トレーナーの指導の元、毎回筋肉痛になるくらいのハードな筋トレと1日5食の食事。

そしてプロテインの摂取を続けていきました。

その結果、今まで何をしても体重が増えなかったのに、たった1カ月で身長170cm、体重52kgだったのが55kgに増えていました。

この効果は本物だと感じて継続し、3カ月後には人生初の60kg台に突入する事に成功しました。

ガッチリ体型を手に入れた事により、肉体面だけでなく精神面も鍛えられ、就職活動は見事に成功。

現在もトレーニングは続けており、体重68kgのスポーツマン体型をしています。

もう誰からもガリガリだと言われる事がなくなり、楽しい日々を過ごす事が出来ています。

虚弱体質からの太る方法

私は現在、身体170cmで体重は68kgのガッチリ体型です。

しかし、3年ほど前の体重は55kgと痩せており、体力が無く、すぐに体調を崩してしまうような虚弱体質でした。

痩せすぎ体型を馬鹿にされるのがイヤで、カッコイイ体型になりたいと決意しスポーツジムに通う事にしました。

ジムでは来た目的を伝える

ジムでは虚弱体質を改善したい目的を正確に伝え、トレーナーに相談しました。

すると、筋トレと食事がカギである事を指導されました。

体重を増やすには自分の基礎代謝以上のカロリーを摂取する必要がある。

もちろん、ただ食べるだけでは脂肪しか付かないカッコ悪い体型になるので、筋トレも重要である事を説明されました。

トレーナーの指導の元、週2回の毎回、足腰が立たないほどハードな筋トレを開始。

プロテインは運動直後と就寝前、休息日にも摂取するようにしていました。

食事は、タンパク質や糖質など気にせず、3食から5食に増やして限界に近いくらいにまで食べるようにしました。

虚弱体質改善どころかムキムキに

そのおかげで最初の1カ月で体重は4kg増、そして3カ月のトレーニングで10kgも体重を増やす事が出来ました。

洋服は全てキツくて入らなくなり、鏡で自分の姿を見るとムキムキのマッチョマンが立っていました。

何を着ても似合うような気がして、我ながらスーツ姿もカッコよく見えます。

虚弱体質を完全に克服し、アクティブな人生を送れるようになりました。

筋トレと食事の見直しが○

筋トレに関しては、体験談のようにジムに行くことなども考えられますが、最初から本格的な事をすると挫折してしまいます。

単に太れば良いわけではなく、あくまで健康的で無ければ意味はありません。

筋トレに加えて現在の食事を見直す事が大事です。

筋トレに関しては、体験談のようにジムに行くことなども考えられますが、最初から本格的な事をすると挫折してしまいます。

そのため最初は腕立て・腹筋・背筋・スクワットなど自宅で簡単に出来ることで慣らしてください。

長く続けても思ったように太らないと感じるかもしれませんが、それには理由があります。

質の良い筋トレが可能なジム

一般的には筋肉を肥大化するには、10回ほどの反復が限界の重い負荷を掛ける必要があります。

しかし、自宅でするには限界があります。

自宅で出来る簡単な運動で慣れてきたら思い切ってジムに通うようにすると良いです。

ジムには様々な器具が揃っていますし、トレーナーには知識があり、より質の良いトレーニングが可能となるので効率が良いです。

プロテイン+高タンパク低脂肪

プロテインはトレーニングに欠かせないのできちんと飲むようにしてください。

食事については普段の摂取カロリーが消費カロリーを上回るように食事量を増やす必要があります。

食事量を増やすと良いですが、健康的に太るという観点から考えると、脂質を摂り過ぎるのは良くありません。

タンパク質は筋肉を作るために必要な大事な栄養なのでトレーニングと並行してきちんと摂取するようにしてください。

注意点としてはタンパク質を多く含む食材は、同時に脂質を多く含む物も多いという点です。

例えば鳥のササミのように高タンパクでありながら脂質が少ない食材もあるので、積極的に摂るようにしてください。

プロテインと高タンパクの食材を併用すれば、筋肉に必要なタンパク質は十分に摂取できます。

痩せてる体型は、根気よく続けていけばしっかりと改善できます。

現在の自分の体型にコンプレックスを感じている方は、ぜひ筋トレと食事の見直しを実践してみてください。

体重を増やすには摂取カロリー>消費カロリー

体重を増やすためには「摂取カロリー>消費カロリー」です。

体重を増やすためには「摂取カロリー>消費カロリー」です。

ただ食べるだけだと肥満になってしまいます。

筋トレの方法について紹介していこうと思います。

タンパク質の吸収の為に炭水化物も

筋トレの方法としては、筋肉を肥大させて体重を増やす必要があります。

筋肥大の際は、自分の限界の重さでトレーニングを行うのではなく、中負荷(限界の70%〜80%)の重さで10回行うことが重要です。

この負荷で筋肉を追い込んだ後には、30分以内にプロテインを炭水化物と一緒に摂取しましょう。

プロテインのタンパク質は、おにぎりなどと一緒に摂ることによってよりタンパク質が吸収されやすくなります。

毎日しなくて良い筋トレ

筋トレは毎日行うのではなく、一つの部位をトレーニングしたら48時間から72時間の休養を入れましょう。

筋トレは毎日やらないといけないと考えがちですが、毎日続けていると、筋肉の回復に体が追い付かなくなります。

しかし、部位を変えるのであれば、毎日やるのは問題ないです。

トレーニングをした後に筋肉痛が起きたらその部位のトレーニングは、筋肉痛が治るまで控えておきましょう。

無理して続けるのは辛いだけだし、逆に筋肉が小さくなってしまいます。

絶対条件の、摂取カロリー>消費カロリー

次は、食事の方法についてです。食事は、最初に書いたように、摂取カロリー>消費カロリーにすることが大事です。

また、一日の食事を5回に分けて取ることをお勧めします。

食事を分けることによって、タンパク質の吸収を良くしていくことができます。

タンパク質だけではなく、炭水化物や脂質、ビタミンをバランスよく摂るようにしましょう。

バランスよく食事を多く摂取することが効率よく筋肉を肥大させる一番の方法です。

食事を分ける際には、プロテインも一食としてカウントしてもOKです。

理想の体型に近づくと周りから褒められる

理想の体型に近づくと周りから褒められる

健康的に太りたい、常日頃そう思ってきました。

ただ太るだけでは何の魅力もない体型になるので、ガリガリと変わらないと思い筋肉を付けることにしました。

太る方法にプロテインは欠かせない

まずしたことは、プロテインを摂取しながら筋トレをし炭水化物中心の食生活に変えました。

はじめて1カ月ほどは効果がなかったのですが、二カ月目に差し掛かったころからみるみると体が大きくなり、56kgだった体重が70kgまで増えました。

三食に加えてプロテインを飲んでいたことも大きかったのかもしれません。

幼少の頃からガリガリと言われ続けていた僕は、体重計にのって驚きました。

ホントに周りからの評価が変わりました。

  • かっこよくなった
  • 男らしくなった
  • 筋肉質になった

今までの僕を知っていた周りの友人達からたくさんの褒め言葉をもらいました。

ただ太るだけではなく筋肉をつけながら理想の体型を目指していくのが、太る秘訣なんだなと思いました。

⇒プロテインの成分や選び方

まとめ、キレイに太るには食事改善と筋トレ

現在かなり痩せていてその頼りなさがイヤ。

何とかガタイを大きくして少しでも体型をよく見せたい、という男性もいる事でしょう。

単純に太るなら、炭水化物や糖質を意識して多めに摂っていれば、自然と太れるものです。

その太り方は、お腹や二の腕の贅肉がメインのだらしない太り方であり、格好良さを追求する男性の観点から見れば、最悪の結果です。

男性であれば、肉や魚といったタンパク質を積極的に摂取し筋トレをこなし、上半身をメインに筋肉で厚みを増やし、ガタイは大きく見せつつも、全体的に引き締まった体格を目指していくのが健康面からみてもベストでしょう。

1日のエネルギー源となる炭水化物や糖質は、朝食をメインにしっかりと食べ、昼・夕食にかけて次第に肉や魚といったタンパク質を増やしていきます。

そして筋トレは1週間に2回を目安に、夕食後ひと息付いた後に集中して行い、少しづつ負荷を掛けていけば、数カ月後には随分と体型が変化していると思います。

⇒僕がガリガリから半年で細マッチョになった話

コメント

タイトルとURLをコピーしました