正しい姿勢キレイな体型へつながるウォーキング

生活習慣を改めた健康な身体がキレイな体型をつくることが理解できたと思います。

しかし、今まで運動をしていなかった人が、急に運動を始めることはムリがあります。

筋肉痛や疲れが仕事に影響など、さまざまなデメリットも考えられます。

体質改善、食欲増進のための運動を上手に始めるためのコツはどんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

まずはウォーキング、ジョギングがおすすめ

運動不足は筋肉が衰え関節も固くなり背骨も曲がって姿勢が悪くなります。

姿勢が悪いと内臓が圧迫を受けたりして消化吸収が悪くなります。

体が疲れやすく一晩寝ても翌朝に疲れが残るのは、姿勢が悪かったり運動不足が原因であることが多いのです。

運動していない人にとっていきなり激しいスポーツをするにはムリがあり、心臓や筋肉に負担がかかるとケガしたりするので計画、管理された運動が望ましいのです。

手はじめはウォーキング

誰にでも長く続ける事ができるのがウォーキングです。

景色や天気を観る散歩と思っていただいていいでしょう。

何も他人と競争するわけはなく、ウエアも装備しないでいつでもできるスポーツです。

ただ歩くだけでもよいのですが、歩く時は胸を張り腕を大きく降り、歩幅も一定の間隔で歩くことを意識すると10分くらいで心拍数が上がり呼吸が早くなってきます。

これが有酸素運動です。

侮れないウォーキングの効果

ウォーキングにより足の筋肉が一定量になり、衰えやすい下半身が安定してくると疲れにくい体になります。

階段の上り下りや座ったりなど日常でもトレーニング効果を実感できるようになります。

ウォーキングの効果でアキレス腱やじん帯などの損傷リスクを抑えられるのです。

足には大きな動脈があり、この付近の筋肉を動かすと全身の血液の流れも良くなるのです。

心臓の負担も減るといわれているので、リハビリでも歩くことを推奨しているのです。

筋肉の負荷を高めるのも

ウォーキングの良い所は時間を調整できることです。

休日だといつもと違うコースだったり、長時間ということも可能です。

坂道を上ってみて景色を楽しみ足腰に負荷をかけることもいいでしょう。

両手に鉄アレイを持ったり手首や足首にもパワーリストやウエイトリストなど付けると負荷が高まり筋肉が付きやすくなります。

ウォーキング帰りに、あえて2リットルのペットボトル飲料を買って持ち帰るのも負荷がかかって良いかもしれません。

ジョギングは焦らずに始めよう

ウォーキングや散歩では物足りずに走り出す方も多いでしょう。

いきなり走ると怖いのは疲れで続けられなくなることです。

ジョギングはゆっくり走る程度や走る歩くを頻繁にすることで「継続すること」を意識して始めてください。

ジョギングは始めたけど二週間でやめたり1カ月でやめたりする方が多く、身体への効果が出る前にやめてしまう方が大勢いるそうです。

スニーカーではなくジョギングシューズを買おう

ジョギングシューズに見た目は、スニーカーと変わりません。

しかし、走ることへの機能や性能が全く異なります。

底の厚さや強度材質が違うので、歩く走ることでの身体負荷が全く違うのです。

疲れやケガ防止にもつながるので、ぜひともジョギングシューズを用意しましょう。

普段づかいもできるジョギングシューズ

多くのメーカーからたくさんのシューズが販売されているのでカラーやデザインも選べます。

日常の靴としても使えるので、蛍光カラーなどより地味目のカラーがおすすめです。

ショッピングや通勤の帰り道でウォーキングトレーニングしてしまいましょう。

⇒体型をごまかせるアイテムの選び方は?

シューズサイズは小さめがおすすめ

ジョギングシューズのサイズは小さめがおすすめです。

試し履きは必要ですが、ジョギングシューズのサイズは小さめがおすすめです。

大きめのシューズ内で”あそび”があるとウォーキングが疲れやすくなります。

ジャストサイズの靴は裸足で歩く感覚に近くなり、姿勢を正しくする効果もあります。

いつも履いてる靴より1cmほど小さいサイズから試着してみてください。

姿勢と体型を取り戻す

ウォーキングやジョギングは年齢が関係なく毎日コツコツできる”スローなスポーツ”です。

消化吸収をよくするスポーツとして、ウォーキング、ジョギングを推奨する理由は、続けられる可能性が高いことです。

年齢は関係なく毎日コツコツできる”スローなスポーツ”です。

いつでもどこでもできます。

高齢者にもおすすめで姿勢が正しくなると若く見えるだけではなく、内臓も若返ります。

内臓をいたわることは健康に直結しますし、正しい体型にもどす太る方法にもなるのです。

⇒お腹だけ太るのはイヤ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました