キレイに太る方法、油チェンジと乳酸菌で腸内環境改善

キレイに太る方法、油チェンジと乳酸菌で腸内環境改善

ガリガリ体型から健康的に太りたいですが、下腹がだらしなく出た太り方はイヤですよね。

太りたいとは言っても、あくまでもキレイな体型になりたいものです。

太る方法がネットでたくさん紹介されてますが、健康的でキレイな体型になるにはどうすればよいのでしょうか?

健康のもと、油(脂質)をチェンジ!

私たちが摂取する脂質は、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の3つです。

私たちが摂取する脂質は、トランス脂肪酸、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の3つです。

健康番組などでよく耳にしますが、キレイな体型に太るためには大きく関係しています。

摂らなくていいトランス脂肪酸

トランス脂肪酸は海外では使用禁止となっているほど、健康に良くないものです。

農林水産省:トランス脂肪酸の摂取と健康への影響

https://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/trans_fat/t_eikyou/

トランス脂肪酸が入っている食べ物には、マーガリン、カップラーメン、スナック菓子、ケーキなど、もうホントに多くの食品があります。

皆さん大好きなファストフードにも多く含まれてます。

食べるとおいしく感じる脂質なのですが、できれば摂りたくないものです。

トランス脂肪酸が入っている食べ物
トランス脂肪酸が入っている食べ物

減らすようにしよう飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は不足すると脳出血などのリスクが高く、悪玉コレステロールを増殖させるなどの悪い面も多いです。

飽和脂肪酸は摂ろうとしなくても、現代の多くの食事に入っているものです。

意識して摂る必要はなく、減らすように心がけましょう。

私たちが頻繁に摂る食材で、飽和脂肪酸が含まれるのは、肉、牛乳、卵などです。

ラーメンやパンケーキ、お好み焼きなど、身近で思い当たるメニューばかりですね。

絶対欲しい!不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)

えごま油やアマニ油に含まれるオメガ3脂肪酸
えごま油や亜麻仁油

不飽和脂肪酸が体に良いのですが、さらにいくつかに分類されます。

その中でオメガ3脂肪酸が特に優れているので、意識してオメガ3脂肪酸の含まれる脂質に切り替えるようにしましょう。

オメガ3脂肪酸であるEPAとDHAが含まれるものは、魚介類(魚類および貝類)です。

オメガ3脂肪酸は魚の身に多いのではなく、目や脳に含まれていて、さらに熱に弱い性質で、切り身を焼き魚として食べたり、加熱調理する油をアマニ油に替えてもオメガ3脂肪酸を効率よく摂ることができません。

えごま油や亜麻仁油にも、オメガ3脂肪酸が含まれてます。

スプーンで常温で摂るか、サプリメントがおすすめです。

日本食肉消費総合センター:飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、どこが違う?

http://www.jmi.or.jp/qanda/bunrui3/q_055.html

腸内環境に必須!乳酸菌

乳酸菌の摂取は必須で積極的に腸内環境を整える必要があります。

キレイ体型に太る方法でもう一つ大切なことは、腸内環境を改善し悪玉コレステロールを善玉コレステロールに変えることです。

乳酸菌の摂取は必須で、積極的に腸内環境を整える必要があります。

食べるために乳酸菌を摂る

食べるために乳酸菌を摂る

食べるためには便秘を解消することで、便秘を解消するためには胃腸の働きが適切であることが必要です。

そのために、腸の活動元となる乳酸菌の定期的な摂取と、その栄養となるオリゴ糖などの補充が必要です。

腸は毎日、様々な細菌を乳酸菌を摂り入れることで、胃腸の調子を健康に保ってます。

なるべく多種の乳酸菌を

できるだけ多くの種類の乳酸菌を体内に取り入れることが胃腸が活発になる秘訣です。

乳製品の多くは脂質や糖分も多く含まれており、食べ過ぎも良くありません。

そんなことからオススメなのは、ドラッグストア等で売っている乳酸菌のタブレットや乳酸菌顆粒を飲むことです。

乳酸菌の種類は数え切れないほどあり、まだ未発見のものもたくさんあると言われています。

できるだけ多くの種類の乳酸菌を、体内に摂り入れることが胃腸が活発になる秘訣です。

あまりにも種類が多いので、自分に合った乳酸菌が何なのかは分かりませんが、たくさんの種類の乳酸菌を摂取することで、それを見つけれる努力をしなければなりません。

乳酸菌はいつか死にます

乳酸菌は食べると、人間の消化活動により大半はすぐに死滅しますので、日常の食事から乳酸菌を摂り続ける習慣が必要になります。
乳酸菌は食べ続けなければならない

乳酸菌は食べると、人間の消化活動により大半はすぐに死滅します。

胃腸に良い影響を与えてくれる乳酸菌はわずかの種類と数で、いつも摂り続けなければいけないのです。

吸収した乳酸菌が体内に常駐してくれることは、ほぼ有り得ないと考えて、日常の食事から乳酸菌を摂り続ける習慣が必要になります。

悪玉から善玉へ

腸内にある悪玉コレステロールは善玉に変えていくことは、腸内環境を整えるために良いことです。

ヨーグルトを習慣食として、良い効果が得られた体験を紹介します。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が効果的なので、ヨーグルト食を増やし、空腹時や間食にもヨーグルトを食べる事にしました。

ヨーグルト代がかさむようになったので、途中から自宅でヨーグルトを作るようになりました。

おすすめは「カスピ海ヨーグルト」で、このヨーグルトの種菌は20度から30度という常温でも普通に乳酸菌が増殖してくれるので、ヨーグルトメーカーなしで作ることができます。

⇒手作り☆カスピ海ヨーグルト 牛乳パックで

完成したヨーグルトから、また次のヨーグルトを作れるのは経済的ですね。

買ってくるヨーグルトよりも粘りがあり、各段に美味しいのでおすすめです。

善玉コレステロールを増やすには

善玉コレステロールを増やすには、さまざまな食生活改善があります。

腸内環境の改善は、キレイ体型を目指すために欠かせません。

専門家による健康コラム | 東京都千代田区神田神保町 こころとからだの元氣プラザ
専門家による健康コラム

まとめ、キレイ体型を目指し試そう

カスピ海ヨーグルトで健康管理をしています
カスピ海ヨーグルトで健康管理をしています

油(脂質)チェンジと乳酸菌による腸内環境の改善は、よく健康番組でやるテーマです。

健康を目的としてますが、健康でないと良い体型で体重を増やせません。

「太りたいけど、下腹が出たカッコ悪い体型にはなりたくない」という方が多いでしょう。

キレイな体型に太るためには、健康でなければならないということなのです。

健康的に体重を増やすために腸内環境を良くする

腸内環境の改善は、胃がんや大腸がんなどのリスクを下げる効果もあります。

腸の活動が活発になることで便通もよくなり、体内の老廃物もキチンと排出されて、結果的に代謝が上がると考えられてます。

太るために内臓のお掃除も必要なのです。

私には効果があったので、脂質チェンジと乳酸菌を紹介しましたが、あなたにも別の乳酸菌食物や食べ方で、腸内環境に良い効果あるかもしれません。

キレイ体型で体重を増やすために試してみましょう。

⇒痩せすぎの高齢者が健康的に体重を増やすには?

タイトルとURLをコピーしました