効率よく太るための栄養・食事・食生活とは?

この記事をお読みのあなたは、今

  • 体重を増やしたい
  • ムチッとした女性らしい体になりたい
  • 男らしい、分厚い体になりたい

と思われているでしょう。

そのために、何を食べれば効率よく太れるのか、気になりますよね。

出来れば、太りやすいものを食べて、早くガリガリから脱出したいと思います。

そんなあなたに向けて

  • 効率よく、太れる食べ物
  • 意外と注意が必要な食べ物
  • 良くある、太る食べ物・飲み物の疑問

について、ご紹介します!

この記事を読み終わったら、スーパーに行ってみてくださいね^^

太るために、ちょっと気を付けたい食べ物

はじめに”太るためにちょっと気を付けたい食べ物”をご紹介しますね。

それはズバリ、

胃腸の調子を悪くしてしまう食べ物、です。

というのも、私たちが太りにくい原因って、胃腸の消化力が弱いこともあるんですよ。

食べた栄養を消化吸収してくれないから、体に反映してくれないわけです。

では、どのような食べ物が、栄養の吸収を妨げているのでしょうか?

胃腸は冷やさない!

冷たい飲み物は、体を冷やしてしまい、胃腸の働きを低下させ調子も悪くなってしまいます。血行を良くするという意味で、胃腸を冷やすことはいけません。

牛乳は栄養がありますが、飲み過ぎは体質により下痢などを引き起こすこともあります。

果物や生野菜も体を冷やします。

特に南国の果物は体を冷やし、胃腸を不調にさせてしまうことがあります。

ちなみに食べ物ではないですが、ストレスも胃腸の調子を狂わせる原因となります。

休息をとりリラックスできる時間を作ると、胃液の分泌も増えて食欲がわいて来ます。

そう考えると、これからご紹介する食べ物も、無理して食べるのは良くないかもしれませんね。

とにかく太る食生活は?

これから太ろうとしている私たちからすると、体格のいい人(太れている人)は、どのような食生活をしているのでしょうか。

簡単に言うと、彼らは

  • 糖質(炭水化物)をたくさん食べてる
  • 食べて余った糖分が脂肪につく
  • 脂肪を消費せずに、また食べれる

という状態です。

とにかく炭水化物だけを食べればいい?

今太っている人がドカ食いして太っているわけだから、私たちも真似すればいいのか。

理論上はそうなりますが、痩せている理由がある私たちには、簡単に真似できません。

早い話、私たちが真似するとお腹を壊してしまいます。

それに私たちのような痩せすぎの人が、脂肪だけつけようと思って炭水化物ばかり食べても、

「あんまり太れない」

「もし太れても、気を抜くとすぐに元に戻る」んです。

なので、炭水化物だけでなくタンパク質も一緒に取ることが大事です。

そして、少し運動すること。

安心してください、本気でトレーニングしない限りは、マッチョになったりはしないので^^

炭水化物&タンパク質&運動!

これが、太るためには大事です。

でも、糖質が気になるんだけど…

太りたいと、安易な糖質の大量摂取は危険です。

糖尿病などをはじめとする様々な病気の原因となります。

太ろうとする時こそ、健康的に計画的に体型を気にしながら、食べ物を選び摂取するようにしましょう。

太りやすい高カロリーな食べ物と飲み物は?

高カロリーな食べ物は、例えば

  • ピザ
  • カレーライス
  • カツ丼
  • ハンバーガー
  • フライドポテト
  • カルボナーラ
  • ナッツ類など
  • 菓子パンや砂糖
  • 生クリームがたくさんはいったドーナッツ

など、調べればまだまだあります。

高カロリーの飲み物とは、

  • 甘いアルコール類や乳製品が入ったもの
  • お砂糖がたくさん入っているジュース

などでしょうか。

甘い飲み物は、飲むとすぐに血糖値が上がってしまい、脳に「糖分が入ってきた」という情報が伝わります。

その結果、満腹中枢が刺激され(お腹いっぱいだな~)と勘違いしてしまい、

その後の食事が進まなくなります

ので、瘦せていて太りたいと考えている方にお勧めできません。

油をたくさん摂れば、太れる?

これは理論上、太れます。

なぜなら、カロリーが高いですから。

でも、当たり前ですが、そうそう簡単にゴクゴクと飲めるものではありません。

例え飲めたとしても、毎日は飲めないでしょうし、健康的に太ることはできないです。

ジャンクフードなど、カロリーの高いものを食べれば太れる?

7000Kcalオーバーすると1㎏体重が増加します。

食べた量(カロリー)よりも消費カロリーの方が少なければ、毎日の積み重ねで体重は着実に増えていきます。

ただし、当たり前ですが、

健康的には太れません。

栄養バランスは、大事ですよ!

何でもたくさん量を食べれば、太れる?

たくさん食べて胃袋を大きくするという意味では、大量に食べれるようになって、結果的に太れるようになるかもしれません。

でも、忘れてはいけないのが、

太るときには量だけではなく、カロリーも重要になります。

なので、単純に量=太るとはなりません。

何を食べるかも、大事ですよ!

食べる時間やタイミングは?1日に何食が太りやすい?

「関取は太るために一日一食…?」などど、いろいろな説がありますが、ここでは”健康的に太る”ため、基本的に三食はしっかりと食べましょう。

現実として、一食で取れるカロリーには、限度がありますよね。

中には、一度にたくさん召し上がれない方もいると思いますので、食事の回数を4~6回に分けて食べるという方法もあります。

やっぱり、寝る前は食べない

寝る前ギリギリまで食べ続けるのは、翌朝の胃腸にも影響を与えてしまうので、おすすめできません。

もし、胸やけや下痢を起こすようでしたら、食事の回数をもう少し細かく分けても良いかもしれません。

大事なのは、一日で何キロカロリー摂るか、ですから。

1日1食や1日2食でも、太るコツを教えてください。

食事は一日三食をとりたいところですが、どうしても忙しくて食べる時間がないという方は、カロリーメイトやスニッカーズのような、手軽に間食できるものを持ち歩いては如何でしょうか。

ドラックストアに行けば、ウィーダーなどゼリー状の栄養補助食品もたくさん販売されています。

これらの栄養補助食品は、バランスも優れてて、味がおいしいものも増えてきました。

食欲が増す方法とは?

やや、味を濃い目にしたり、香辛料を上手く使ってみましょう。

唐辛子、山椒、パクチーなど香野菜も食欲を促進させます。

適度に食前酒を飲むのも、食欲増進となります。

キムチ・納豆・チーズ・ヨーグルト・ぬか漬け・味噌・醤油などの発酵食品を上手く使うのも、体にとても良いことです。

見た目がキレイに盛り付けられていたり、温度や香りも食欲がわいてくる要素となりますので、適時適温を心掛けましょう。

太るための一日のカロリーの目安を体重別に教えて!

7000kcalで体重は1kg増えると言われています。 以下が平均的な一日に必要なカロリーです。

http://urx.blue/BDPY

体重別というよりは、どれだけ余分に食べられるかが、大事ですね。

7000kcalだと大変なので、700kcal余分に食べるごとに、100g体重が増える、と覚えておきましょう。

700kcalは、牛丼の並盛くらいですね。

理論上はですが、これを毎日余分に食べると、一か月で3kg体重が増える計算になります。

運動量や年齢、性別によっても必要なカロリーには個人差がありますが、まずは、毎食1~2口ご飯を多く食べるように心掛けて下さい。

一口と言っても個人差がこれもありますが、例えば1口のご飯が20kcalだと仮定します。

20kcal × 2口 × 3回(3食) = 120kcal(1日のカロリー増加量)
120kcal × 30日間 = 3600kcal (1カ月で3600kcal 多く摂取することになる)

7000Kcalで体重1㎏増えますので、2カ月続ければ体重は1㎏増えます。

「2カ月で1㎏?少なー!!」

と思う方もいると思いますが、1年で6㎏体重増加になる計算です。

今まで全然体重が増えなかった方が、1年で6㎏増えるのはどうですか?

すごくないですか?!

何を食べたら太るのか?というよりも、いつも食べている量より1口でも2口でも多く食べる、ということです。

太れる、おすすめのメニューは?

夜食や寝る前にもし食べるのであれば、胃腸に負担のかからないメニューがおすすめです。

以下のようなメニューがカロリーもそれなりにあり、胃腸にやさしい内容ではないかと思われます。

  • 鍋焼きうどん
  • にゅう麺
  • 雑炊
  • ドリア
  • グラタン
  • パスタ 

など

タイトルとURLをコピーしました