中年からはスローな「健康的に太る方法」

太るために食欲増進をと、運動しようとした時点ですでに腰などが痛かったり、体力がなかったりと続けられない方もおられるかもしれません。

40代ってそんな状態になってしまうお年頃…かもしれませんね(^-^;

そんな方に激しい運動は難しい中年へおすすめの、スローな「健康的に太る方法」で成功した体験談をご紹介します。

ピラティスをやったら空腹に

ピラティスをやったら空腹感を感じやすくなりました。

私は40代の女性で、ホルモンバランスの乱れを体で感じるようになりました。何とかして体調を整えたいと考えピラティスやウォーキングをするようになりました。

ピラティスは、スタジオへ行く時間がないので、家で時間がある時、DVDを見ながら行うようにしました。YouTubeでもいいですよね。

簡単かな、と、見様見真似ではじめてみましたが、これがけっこうハマります。

呼吸法など最初は難しいと感じていましたが、くり返しDVDを再生していると、呼吸法のコツがわかるようになったので、ピラティスを行うのが楽しく感じるようになりました。

色んなポーズがあり、お腹引き締めや太ももなど色々と自分の好みに合わせて調整することができるので、自宅でDVDをみながらピラティスを行うのは、快適に感じるようになりました。

代謝があがり食べれるように

買い物へ行く時や駅まで出かける時は、少し早めにウォーキングをするなど、色々と工夫して日常生活を過ごすようになったところ、更年期の症状も緩和され食欲もでてきたように感じます。

冷え性になっていた時期もありましたが、ウォーキングしたりピラティスを自宅で行うようになってから、代謝がアップして空腹感を感じやすくなりました。

ピラティスはインナーマッスルを鍛えるので、普段使用していないような筋肉も呼吸法と合わせてじっくり鍛えることで、体が温まり上質な筋肉へと変化していくのがわかります。

当初、ピラティスを始めた頃は、筋肉痛になっていましたが、それが次第に気持ち良く感じるようになり、筋肉がついてきたので体が引き締まっていくのが分かります。

とてもスッキリとした体調になり、食欲もでてくるので筋肉も付き太れそうな気がしてきました。

マインドフルネスとヨガで健康に太る

マインドフルネスとヨガ

中年になるとカラダのアチコチで不調を感じるようになってきますよね。ホルモンバランスも乱れていたのかなと思います。

どこが悪いというわけでもないけれど、前日の疲れがとれず、熟睡できない。動悸がしたり、なんとなく不安感があったり…。肩が上がりにくくなって、背中に痺れがあったり、関節が痛くなったり。

これでは太る方法を考える前に、体調不良で何もできない状態になってしまいます。

あまりにも体調不良が続いたので、病院に行っても、「自律神経失調症」「四十肩」「血行不良」などと言われ、結局、症状は改善することはありませんでした。

そこで、同じような症状に悩まされている友達から、「マインドフルネス」という言葉を聞きました。友達はマインドフルネスで体調が良くなったそうです。

瞑想で精神統一するマインドフルネス

「マインドフルネス」とは、瞑想のようなことで心の浄化を期待できます。

そこでいろいろ調べているうちに、マインドフルネスがヨガと関係あることを知りました。

マインドフルネスだけでもいいけれど、肩こりや体の衰えも感じていた私には、体も動かすヨガのほうが向いているかなと思い、近くでヨガを教えてくれるところを探して通い始めました。

毎週必ずとなると精神的にも負担で続かない気もしたので、チケット制の自由に参加できるところにしました。

実際に行ってみると、思っていた以上に体が固く、動かなくなっていることに気づきました。

若いころは運動神経は良くないけれど、どちらかというと身体は柔らかいほうだったので、ちょっとショックでした。

四十肩といわれた肩まわりは、本当に可動域が狭くなっていて、知らないうちに体は年相応に老いてきていたことがわかりました。

食欲と睡眠欲が出る、ヨガ

ヨガをした後は、体の心地よい疲れと精神的にリラックスできて、たくさん食べることができて、よく眠れるようになりました。

今では、朝起きた時にストレッチ代わりにいくつかヨガのポーズを取り入れて、身体を目覚めさせています。そして、夜眠る前には、気持ちがリラックスできるように、マインドフルネスを取り入れて、短い時間でも瞑想時間をとるようにしています。

すぐに結果がでたわけではなかったのですが、半年ほど続けていると、ガリガリから筋肉がついたように感じられ、疲労感がなくなり、体が軽くなってきました。夜もよく眠れるようになりました。

マインドフルネスとヨガの相性が良いように感じました。

これをきっかけに、痩せすぎと加齢で悪循環に陥っていた身体をリセットすることができ、太る方法が見つかりそうです。

やはり、40代は自分の身体をきちんと管理してあげなければならない年齢なのだと実感しています。これからも自分の身体や心を良い状態で保てるように、 マインドフルネスとヨガを続けていきたいと思っています。

ヨガは中年太りの人にも

ヨガは中年太りの人にも

40代の男性です。

急激に体重が10キロ近く増え、高血圧で会社の健康診断で指摘され、健康について見直すことになり、ウォーキングや筋トレや炭水化物制限などいくつかチャレンジしてみましたが続きませんでした。

その原因は、仕事で忙しすぎたりと、自分のキャパを超える無理があったからで、まずは心身共に負担を感じない方法でということで、自宅でヨガをやり始めました。

すると、自分の体の硬さに驚きました。体が硬いとどんな運動をしても辛いだけですよね。

やり始めた頃はできなかったポーズが、最近ではいろいろできるようになってきました。ヨガは深く呼吸をしながら行うので有酸素運動でもあると思います。深呼吸というのはとてもリラックスできますし、辛い運動をしているというストレスがないので継続して行えるのが長所のひとつだと思います。

そして、血行も良くなるので体が温まり代謝もあがります。ゆっくりではありますが、確実に健康になっていく気がします。

また、血圧を抑えるために食事の塩分について見直しました。

お味噌汁を作るときには減塩味噌を使い、その量も減らすために生姜などで味を加えたり、餃子やコロッケに酢醤油やソースなどをかけずにそのままで食べるなど、可能な限り塩分を減らしてみたところ、血圧が徐々に低くなってきました。

若ければ少し負荷をかけても良いかと思いますが、40代からは無理なく続けられることを重視して、少しずつ負荷をかけるほうが安心だと実感しています。

⇒太るプロテインで食事の改善を試してみる。

プールウォーキングで腰痛改善し食欲増進

プールウォーキングで腰痛改善し食欲増進

40代のガリガリ体型男性です。

痩せすぎもあり、元々、猫背気味で背中から腰にかけて負担が掛かり易く以前から腰痛気味でしたが、運動やトレーニングの機会が減った40代からは益々その傾向が強くなり、日々のデスクワークから解放されると真っ先に腰が痛み、週末ごとの整体マッサージが欠かせない状況でした。

さすがにその状況が続くのはまずいと思い、色々と試してみたのですが、最近になってようやくリーズナブルに腰や背筋を鍛えられる方法を発見し、集中して取り組める様になりました。

近所にある市営プールを利用しての水中歩行で、基本的に週に3回、1回につき1時間しか入場出来ないのですが、その時間を目一杯利用して、ひたすらプールの中を歩き続けます。

これだけでも下半身を中心に水の抵抗による強い負荷が掛かり続け、鍛錬になるのですが、それに加え、腰から背筋にかけて適度な負荷が掛かる様、腰に時折捻りを加えたり、後ろ向きに歩いたりといった工夫も取り入れています。

泳いでいる人には多少奇異に映るかも知れませんが、これはこれでかなり効果があり、始めてから2ヶ月程経つと、気になり続けていた腰の違和感も自然と消え、食欲も増進し帰りにスーパーに寄るようになりました。

⇒太るプロテインで食事の補助を試してみる。

まとめ

ピラティスやヨガ、ウォーキングは自分のペースで行えるので、負担にならずに続けることができます。

スポーツは激しくて怪我の不安もあり40代からはちょっと不安でも、ピラティスやヨガはゆっくりとした動きで体へ負担もかからず、インナーマッスルを鍛えるので気持ち良いです。

マインドフルネスで精神面もオフバランスされることは、メンタルトレーニングになり日々の仕事にも好影響が期待されおすすめです。

ウォーキングやプールも自分のペースで歩くとよいので、負担になりません。特に水中では意外にカロリー消費されるので食欲増進につながり、太る方法として有効なのではないでしょうか?

プルエル

タイトルとURLをコピーしました