痩せすぎ女性が出産前後にさらに痩せたけど…

出産前後に痩せすぎが気になる女性に、参考になる体験談です。

妊娠中に痩せてしまう原因は?

「妊娠したら体重が増えるもの」これが「なんで私はどんどん体重が減るのだろうか…」と余計なプレッシャーになってしまっていないでしょうか?

妊娠中に痩せてしまう原因を調べていきたいと思います。

妊娠初期~中期の痩せすぎは意外と多い

まず、”つわり”で食事ができないのに、おなかの赤ちゃんへの栄養供給はされていくため、お母さんご自身は痩せてしまいます。

ひどいつわりは産婦人科に相談することで、漢方などでの対策をとってくれることもあります。

妊娠中期~後期に体重減少を防ぐ運動

妊娠5ヵ月(16週)からは、つわりが続いていて思うように食事がとれていない事もあり、運動不足で筋肉量が低下したり食欲がない場合です。

安定期に入ったら出産に備えて体力をつける必要があるので、無理のない範囲での運動がおすすめなのです。

痩せすぎはお腹の赤ちゃんに影響?

妊娠中に太らなくはならないと考えるのは誤りで、妊娠中、特に妊娠初期には体重増加は必要ないのです。

妊娠中に太らなくはならないと考えるのは誤りで、妊娠中、特に妊娠初期には体重増加は必要ないのです。

妊娠初期は、体重の気にしすぎに注意

というかむしろ、妊娠初期に2kg以上増加してしまうというのは、あまり好ましくないのだそうで、赤ちゃんの体重は妊娠4カ月でどのくらいだと思いますか?

たったの100gです。

お母さんの体重が増えてしまうには、まだまだ早い時期です。

妊娠中期に入る5カ月あたりからおなかの中で赤ちゃんはぐんぐん育っていくのですが、それでも1kgを超えるのは妊娠7カ月以降になるのです。

目安として妊娠初期であればもともとの体重の10%以上減少していなければ大丈夫、ということを覚えておいてください。

しかし、脱水症状はとっても危険

妊娠中の体重減少で一番怖いのが脱水症状になってしまうことなのだそうです。

妊娠中の体重減少で、一番怖いのが脱水症状になってしまうことなのだそうです。

妊娠中に栄養をとれない状況であったとしても、脱水症状に関しては、楽観視できません。

立ちくらみや手足のしびれ、発熱これらの状態からさらに心臓や神経系統に異常がでると、外出時に倒れてしまってお腹を打ってしまったりすることにもなりますし、妊娠を継続するのが難しくなってしまうことにもつながりかねません。

ですから、水分補給はしておくように気を付けておきましょう。

真夏は汗をかいてないからと油断せずに、時間を決めて水分補給するなどして、特に気を付けてください。

病院へ行った方がいい?食事がポイント

妊娠悪阻がひどく体重減少が止まらないという方については、早いうちに産婦人科で相談することをおすすめしたいと思います。

食事も水分も摂ることができないほどの時は、点滴によって栄養を補給することで対策できるのです。

これで脱水症状を引き起こすリスクを回避することができます。

体重は減少していても食事が摂れている、という場合には特に治療が必要ではなく、健康には問題なさそうです。

妊娠初期から中期の5カ月までは、つわりで体重が減少することはよくあることで、食事をある程度は摂れているのであれば、焦ってどうにかしようとプレッシャーを感じる必要はないのです。

出産後に痩せた体験談

子どものころからずっと痩せていたけれど、出産後にもっと痩せてしまった。

もともと痩せすぎ体型の女性が、出産後にさらに痩せてしまい、太れないと悩んでいる体験談です。

私は、小学校のあだ名が痩せていることから”カモシカ”でした。

昔からずっと痩せ体質で、今まで一番太っていたのが高校の頃で、それでも標準体重に満たないくらいでした。

しかも、顔だけは大きく体が全体的に細いため、まるでマッチ棒のような感じです。

高校の時に今より8kg体重が重かった時も、顔にすべて肉がついたのではないかと思うほど顔だけパンパンで手足は全く太りませんでした。

出産後に痩せてきて心配された

痩せすぎガリガリになりました。

みんなが細いことに憧れを抱いているので、若い時は今ほど気にしていませんでした。

それが20歳前半で出産をして産後太りをするといわれる時期に、なぜか体重が大幅に落ちました。

高校のピーク時から10kgも体重が減った時は「病院に行った方がいいんじゃないの?」と心配されるほど、痩せすぎガリガリになりました。

この時は授乳もしていてお腹はすいていたので、今より食欲があってよく食べてはいました。

30歳を超えてからは食欲も落ちて量を食べれませんし、重力に逆らえず、唯一顔についてた肉も落ち、二重の目も落ちくぼんできました。

今では顔も痩せていきホントの病人のようになってしまいました。

病気ではないので安心した

久しぶりに会う人からは「食べてる?」「大丈夫?」の声をかけられます。

あまりにも言われるので自分でも心配になり、健康診断で調べたところ痩せすぎ以外は何の異常も見つかりませんでした。

太れないので、もしかしたら重病なのかと心配でしたが、診断結果が出て問題ないことを知ると思ったより精神的に安定するものですね。

太れた妊娠期がうれしかった

そんな私にも一度だけ太れる時期がありました。子どもを妊娠した時です。

妊娠初期につわりに悩まされ、吐きづわりでしたので食べる量も減っており、これ以上痩せたら赤ちゃんまで痩せてしまうのではないかと、とても不安だったのを覚えています。

しかし、つわりの時期を抜けてからは食欲がみるみるわいてきて、妊娠後期になると体重も順調に増え、乳腺が張ってくる事によって胸も1カップ以上あがり、私の理想の体型に近づいてとても嬉しかったのを覚えています。

そんな長年憧れてきた夢のような時期でしたが、子の卒乳とともにあっけなく元の体型に元通りどころか、元より痩せました。

ママ友からは妊娠するたびに太っていくという話をよく聞きましたが、私は逆でした。胸もかろうじてあった張りが母乳が終わるにつれて痩せていき、微妙に形が変わり位置も下がってしまいました。

テレビを見ながらエクササイズをはじめたら…

テレビを見ながらエクササイズをはじめたら…

病気ではないので安心しましたが30歳を超えると体力も低下して疲れやすくなったので、筋力アップと体力作りを兼ねて、ウォーキングとスクワットを始めることにしました。

子供が小さいので育児をしながらということもあり、息抜きにテレビを見ながらエクササイズすることが習慣になりつつありました。

しかし、始めてから一週間ほどで、階段を降りる時に膝に痛みを感じるようになったのです。ウォーキングとスクワットで膝を使いすぎたからかもしれません。

同じやり方を続けるわけにはいきませんので、ウォーキングもスクワットもやめて、まずは膝を休ませました。

プランクを始めた

幸い二日ほどで膝は治ったので、翌日からプランクと呼ばれているエクササイズを始めました。

プランクと呼ばれているエクササイズを始めました。

プランクとは、うつぶせになった状態で、つま先と肘とを支えにして体を持ち上げ、キープするというエクササイズです。

膝の曲げ伸ばしがないので負担が少ないですが、決して簡単なエクササイズではなく、太ももと二の腕とがプルプルとしてくるのです。

しかも、お腹が下がらないように持ち上げた状態をキープしなければならないので、必然的に背中にも力が入り、数分続けただけで息が切れてしまいます。

肘の下に枕など柔らかいものを敷いた方が良いです。床に直接肘を置くと痛むので、それを防ぐためです。

こまめに一人エクササイズ

効果はてきめんで、筋力がついたことが原因なのかおなかが空きます。

食欲がでてきたことで、嬉しいことに半月ほどで+2kgになり、腹筋背筋がついたせいかスタイルが良くなった感じがしてきました。

食事やサプリなどの栄養補助をしていないので、劇的な太る効果はでていませんが、体力はずいぶんとアップしたと思います。

その証拠に、プランクを以前よりも楽に続けることができるようになって、今では、毎日テレビを見ながら気軽に行っています。

体力をつけたくても、膝が痛くて難しいという人に、プランクはおすすめです。

毎日ちょっとした時間にこまめに行っていれば、それだけで体力を増やしたり維持したりすることが可能になると思います。

自宅でのんびりとできるエクササイズとしておすすめしたいです。

まとめ、体重が元どおりになるのに1~2年かかる人も

出産後も体力回復、母乳で育てたり育児で本当に体力を使います。

母乳育児になると、多くの女性は体重が減っていきますが、授乳する体になるために食欲が旺盛になることで自然と元に戻りやすくなります

妊娠中体重減少に悩まされていた方のその後の体重の推移について調べてみると1,2年という長いスパンで戻ったという方もいらっしゃれば、3,4カ月という比較的短いスパンという方もおり、個人差があるかもしれません。

「太ろうと意識すること」は大事ですが、体重が元に戻る期間には個人差があります。

⇒出産後の体重減少と痩せすぎ、病気の可能性や育児中のコツ

タイトルとURLをコピーしました