産後に痩せてきたけど太る方法がわかってきた

子どものころからずっと痩せていたけれど出産後にもっと痩せてしまった。

何とか健康的に太りたい!

ということで私がやりはじめた、太る方法をご紹介します。

胃が弱くて沢山食べることができない方にオススメです。

太ることで健康体型と元気な見た目を手に入れたい!

私は、小学校のあだ名が痩せていることから”カモシカ”でした。

昔からずっと痩せ体質でした。

今まで一番太っていたのが高校の頃で、それでも標準体重に満たないくらいでした。

しかも、顔だけは大きく体が全体的に細いため、まるでマッチ棒のような感じです。

高校の時に、今より8キロ体重が重かった時も、顔にすべて肉がついたのではないかと思うほど顔だけパンパンで手足は全く太りませんでした。

痩せてきて病院に行ったら?と心配されます

痩せすぎガリガリになりました。

一般的に女性は細いことに憧れを抱いているので、年頃のころは、今ほど気にしていませんでした。

それが20歳前半で出産をして産後太りをするといわれる時期に体重が大幅に落ち、一時、高校のピーク時から10キロも体重が落ちた時は、周りからも「病院に行った方がいいんじゃないの?」と心配されるほど痩せすぎガリガリになりました。

この時は、授乳もしていてお腹はすいていたので、今より食欲がありよく食べてはいました。

30歳を超えてからは食欲も落ちて量を食べれませんし、重力に逆らえず唯一顔についてた肉も落ち、二重の目も落ちくぼんできました。

今では顔も痩せていきホントの病人のようになってしまいました。

病気ではないので安心した

久しぶりに会う人からは間違いなく「食べてる?」「大丈夫?」の声をかけられます。

あまりにも言われるので自分でも心配になり、健康診断で調べたところ痩せすぎ以外は何の異常も見つかりませんでした。

病気で痩せていると重病なのかと心配でしたが安心しました。

だから、どうにかして太って健康的な体と、元気な見た目を手に入れたい!

というのが私の目標です。

胃腸が弱いから太れない

なぜ太らないのか原因を探ってみました。

すると私の周りの痩せ体質の人は、胃腸が弱いという人が多いということでした。

納得です。

私も例外なくとても腸が弱いので、外出前などにたくさん食べるのは怖いです。

結局、怖くて食べられないんです。

太るには間食が大切なことに気づいた

そこで、思いついたのが間食です。

間食といっても、おやつばかり食べていては、健康的な体を手に入れることが出来ないので、私は分けて食べることを心がけています。

私は専業主婦ですので、食べる時間は自由です。

今は、メインの朝・昼・晩の三食に加えて、朝・昼の間と昼・晩の間の間食です。

間食で食べる物は、甘い物の時もありますがおにぎりや果物を中心に食べています。

手間はなるべくかけたくないので、おにぎらずや包丁を使わず食べられる果物を食べるようにしています。

こうすることで、前よりは1日のトータル量を食べられるようになりました。

まだ、標準体重までには届きませんが、健康的な体を手に入れるまで継続していこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました