妊娠中の止まらない体重減少の影響と、太ることは必要?

多くの妊婦さんが「どうしよう!?妊娠したら体重がどんどん増えてしまって、体重管理するように言われたのに全然うまくいかない!!」

と悩んでいるのに

なんで私はどんどん体重が減ってしまうのだろうか・・・

なんて悩みをお持ちの方は、プレママ同士でも相談しずらくて一人で抱えてしまう方が多いです…。

「妊娠したら体重が増えるもの」

このよく言われることが余計なプレッシャーになってしまって、「体重減少が止まらない…」状況に陥ってしまってはいないでしょうか?

大事なお子さんをおなかに宿して健康な体で産んであげたい、産みたい、そう強く願っているのはどんなお母さんでも一緒ですよね。

体重が減ってしまうと、ご自身も辛いですが、それ以上に大丈夫?と、気になってしまうのはお腹の中のお子さんの健康状態や今後の成長です

不妊で悩む女性も多い時代にわがままな悩みなのだろうか…と自分を攻めてしまうお母さんもいらっしゃいます。

妊娠中に痩せてしまう原因と、おなかの中のお子さんへの影響の有無、どうやって体重を増やせるのかといったことについて調べていきたいと思います。

妊娠中に痩せてしまう原因は?

妊娠中に痩せてしまう、というのは確かに多くはありませんが、多いのが妊娠初期、妊娠中期なのだそうです。

妊娠初期~中期の痩せすぎは意外と多い

どうして妊娠初期から中期に痩せてしまうのか調べてみると、まず”つわり”の存在があります。

つわりこそ、妊娠するとでてくる不快な症状として有名なものです。

ひどいつわりは、食事ものどを通りません。

でも、おなかの赤ちゃんへの栄養供給はされていくためお母さんご自身はどんどん痩せてしまうという原因になります。

ただ、あまりにもひどいつわりというのは産婦人科を受診する際に相談することで、漢方などでの対策をとってくれることもあります。

太りたい!体重を増やしたい!とお悩みの妊婦さんであれば、ぜひ相談してください。

体重増加だけではなく、ひどいつわりでは何より辛さもありますし、体力も減少してしまう結果になり、最後の肝心な出産のシーンで体力がもたないなんていうことになってしまうこともあるのです。

妊婦だからこのくらい当たり前!

などと思わずにご自身の体、大事な出産に備えるためにもいたわってあげてください。

妊娠中期・妊娠後期に体重が減る違う原因

妊娠中期や妊娠後期での体重減少には、また違った要因も出てくることもあります。

中にはまだつわりが続いていて、思うように食事がとれていないケースもあります。

そうではない場合もあります。

運動が足りていなくて筋肉量が低下してしまっている場合、また食事の内容として太れる要素がない場合です。

妊娠初期には安定期に入るまで無理をしてはいけない、とも言いますから無理に運動をして筋肉をつけるというのも難しいかもしれませんね。

ですが安定期以降にはいったら、出産に備えて体力をつける、という意味でも無理のない範囲での運動はおすすめなのです。

じっとしていてテレビばかり観ていて動かないので食欲がない…。

軽い運動はお腹も減りやすくなりますから、自然と食べられる量も増えて健康的に体重を増加させることもできるでしょう。

ストレスも注意!周りの声に気にしすぎるのも良くない

周りに細すぎ!ガリガリ!痩せすぎ!なんていわれ続けているのも苦痛ですよね・・・。

あまり言われていると早産や低体重での出産になってしまったり、流産なんてならないのか大丈夫なのか、不安に駆られて余計にストレスをためてしまう結果になることもあるかもしれません。

ですが、まずは妊娠中にはお母さんができるだけ心を落ち着かせてどん!と構えていること、これこそがお腹の赤ちゃんを立派に無事に産んであげるために必要なことなのです。

周りから心配する言葉ばかりが聞こえてくるなら、一度心の耳をシャットアウトしてみましょう。

無駄なストレスもまた妊娠中の体重減少太れないことの大きな原因ともなってしまうのですから。

痩せすぎはお腹の赤ちゃんにどんな影響がある?

妊娠中太れないのはおかしい、とそれでも悩んでしまっているお母さんへ朗報です。

妊娠中、特に妊娠初期には体重増加は必要ないのです。

妊娠初期は、体重の気にしすぎ、に注意

むしろ、妊娠初期に2キロ以上増加してしまうというのはあまり好ましくないのだそうです。

赤ちゃんの体重は妊娠4か月でどのくらいだと思いますか?

たったの100gです。

ですから、お母さんの体重が増えてしまうにはまだまだ早い時期です。

妊娠中期に入る5カ月以降からおなかの中で赤ちゃんはぐんぐん育っていくのですが、それでも1キロを超えるのは妊娠7カ月以降になるのです。

目安として妊娠初期であればもともとの体重の10%以上減少していなければ大丈夫、ということを覚えておいてください。

またもう一つ心強い情報がありますよ!!

”つわり”は、ひどいものなので…

妊娠中に体重が増えない、妊娠悪阻と診断されるほど、ひどいつわりで長期間悩まされてしまうお母さんの中には「私がこんな状態では健康な子供を産んであげられないのでは…」

まるで自分に問題がある?

と考えてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、なんと妊娠悪阻で悩んでいた妊婦さんのほとんどが、健康な赤ちゃんを流産のリスクもなく産むことができている、というのも事実なのです。

実は妊娠中に起こる悪阻というのは妊娠によって体内に存在する胎児を異物として認識してしまうという、人間なら当然の体の働きによるものなのだそうですよ。

痩せた結果の”脱水症状”は、とっても危険

妊娠中の体重減少で一番怖いのが脱水症状になってしまうことなのだそうです。

体重の大半は水分、ということは有名な話ですが妊娠中に栄養をとれない状況であったとしても、健康な赤ちゃんを出産することができている女性は多いということはご説明した通りですが、脱水症状に関しては、楽観視できません。

夏は特に水分補給に気を付けて

お母さんの体調そのものに変調をきたしてしまう症状ですし、立ちくらみや手足のしびれ、発熱これらの状態からさらに心臓や神経系統に異常をきたしてしまうほどになってしまうと、外出時に倒れてしまってお腹を打ってしまったりすることにもなりますし、妊娠を継続するのが難しくなってしまうことにもつながりかねません。

ですから、できるだけ水分補給はしておくように気を付けておきましょう。

真夏などは、汗をかいてないからと油断せずに特に気を付けてください。

そのうえで、余計なストレスやプレッシャーは感じずに済む環境に身を置くことを優先して食べられそうなときは食べる休みたくなったら休む、と自分を大切にすることでお腹の中の大切な命を守ることにもつながっていきますよ。

出産後は、体重は自然に元に戻る?

産後は増えてしまった体重や脂肪をどうやって減らそうかと悩む女性が多い中「減りすぎてしまった体重」に悩んでいるなんて相談しずらくて、悩んでしまう女性もいらっしゃいます。

産後というのは、もうお腹の中で赤ちゃんを育てる必要はないができれば母乳で育てたい!

という方もいらっしゃるでしょうし、そうでなくても子育てというのは本当に体力を使います。

だからこそ、「健康的に太りたい」「体力をつけるためにも太りたい」「太りそうなものを食べても増えないからこそ太る方法を知りたいのに・・」と思っていらっしゃる方もいるでしょう。

自然に体重が元どおりに。1~2年かかる人もいます

ただ、太れば体力がつく、というわけではないですが多少なりとも、減っているよりも体重を増やしたほうが体力もつく、というのもまた事実ですよね。

痩せすぎてしまった、ガリガリになってしまったというところまで疲れてしまったあなたの体をもっと体力的に楽に子育てすることができる状態までもっていきたい、と思うとこの後どうしたらよいのか気になってしまう方もいらっしゃるでしょう。

ただ、妊娠中に強いストレスを感じていたり妊娠悪阻になってしまったり、そこまでの診断ではなかったけれど、食事を受け付けられずに体重減少をストップできなかった、という場合では出産を終えて、母乳育児になると、多くの女性は体重が減っていくのですが、授乳する体になるためにも食欲が旺盛になるということもあるので自然ともとに戻りやすくなります

ただし、妊娠中の体重減少に悩まされていた方のその後の体重の推移について調べてみると1,2年という長いスパンで戻ったという方もいらっしゃれば、3,4カ月という比較的短いスパンで修正されたという方もいらっしゃいますので個人差はあるかもしれません。

なので、「太ろうと意識すること」は大事ですが体重が元に戻る期間には個人差があります。

病院へ行った方がいい?食事できてるかがポイント

最後にまとめとして、あまりにも妊娠中の体重減少がひどい場合には病院へ行ったほうがいいのか、と悩んでいる方のための情報を集めてみたいと思います。

まず、妊娠悪阻がひどく体重減少が止まらないという方についてはぜひ、早いうちに産婦人科で相談することをおすすめしたいと思います。

妊娠悪阻に対する対策として、食事も水分もとることができないほどひどい場合には入院して点滴によって栄養を補給することで対策をとることもできるのです。

辛い状況、そのものをどうにかするというわけではないものの、これによって妊娠中にもっとも避けたい脱水症状を引き起こすリスクを回避することができます。

ただし、体重は減少していても、食事がきちんととれている、という場合には特に治療が必要になる、というケース少ないようです。

ちゃんと”太るための生活”を意識していれば健康には問題なさそうです。

妊娠中には健康、体力維持に集中

特に妊娠初期から中期についてはつわりなどで体重が減少することはよくあることで食事をある程度取れてはいるけれど悪阻もあるという場合であれば、特別焦ってどうにかしようとプレッシャーを感じる必要はないのです。

帝王切開にでもなると、それこそ通常分娩とはまた違った回復力も必要になりますから少しでも気を楽にして、余計なストレスを感じずに体力を残しておくことが大切ですよ。

妊娠中の体重変動はあまり気にせず太りたい!脂肪をつけたい…と思う必要はないのです。

タイトルとURLをコピーしました