妊娠中の止まらない体重減少の影響と、太ることは必要?

多くの妊婦さんが「どうしよう!?妊娠したら体重がどんどん増えてしまって、体重管理するように言われたのに全然うまくいかない!!」と悩んでいるのに「なんで私はどんどん体重が減ってしまうのだろうか・・・」なんて悩みをお持ちの方は、プレママ同士でも相談しずらくて一人で抱えてしまう方が多いです…。

「妊娠したら体重が増えるもの」これが余計なプレッシャーになってしまって「体重減少が止まらない…」状況に陥ってしまってはいないでしょうか?

体重が減ってしまうと、ご自身も辛いですが、それ以上に大丈夫?と、気になってしまうのはお腹の中のお子さんの健康状態や今後の成長です

妊娠中に痩せてしまう原因と、おなかの中のお子さんへの影響について調べていきたいと思います。

妊娠中に痩せてしまう原因は?

妊娠中に痩せてしまう原因は?

妊娠初期~中期の痩せすぎは意外と多い

なぜ妊娠初期から中期に痩せてしまうのか調べてみると、まず、”つわり”で食事ができないことがあります。

おなかの赤ちゃんへの栄養供給はされていくため、お母さんご自身はどんどん痩せてしまいます。

体重減少だけではなく体力も減少してしまい、最後の肝心な出産シーンで体力がもたないなんて事になりかねません。

ひどいつわりは産婦人科を受診する際に相談することで、漢方などでの対策をとってくれることもあります。

妊娠中期~後期に体重減少を防ぐ運動

安定期に入ったら、出産に備えて体力をつける必要があるので無理のない範囲での運動がおすすめなのです。

妊娠5ヵ月(16週)からの中期や後期での体重減少には、また違った要因も出てくることもあります。

つわりが続いていて思うように食事がとれていない原因もあり、運動が足りていなくて筋肉量が低下したり、食欲がなく食事が摂れてない場合です。

安定期に入るまで無理をしてはいけないので、無理に運動をして筋肉をつけるのは難しいですが、安定期に入ったら、出産に備えて体力をつける必要があるので無理のない範囲での運動がおすすめなのです。

じっとしていてテレビばかり観ていて動かないので食欲がない…。軽い運動はお腹も減りやすくなりますから、自然と食べられる量も増えて健康的に体重を増加させることもできるでしょう。

ストレスも注意!周りの声に気にしすぎちゃダメ

細すぎ!ガリガリ!痩せすぎ!なんて言われ続け、気にし過ぎていると早産や低体重出産になったり、流産にならないのか不安になり余計にストレスをためてしまいます。

妊娠中は精神が安定しません。心を落ち着かせる、ことが出産前の準備になり、まわりから心配する言葉ばかりが聞こえてくるなら、一度心の耳をシャットアウトしてみましょう。

無駄なストレスが妊娠中の体重減少の原因となっていることがあります。

痩せすぎはお腹の赤ちゃんにどんな影響がある?

妊娠中に太らなくはならないと考えるのは誤りで、妊娠中、特に妊娠初期には体重増加は必要ないのです。

妊娠中に太らなくはならないと考えるのは誤りで、妊娠中、特に妊娠初期には体重増加は必要ないのです。

妊娠初期は、体重の気にしすぎ、に注意

というかむしろ、妊娠初期に2キロ以上増加してしまうというのは、あまり好ましくないのだそうです。

赤ちゃんの体重は妊娠4か月でどのくらいだと思いますか?たったの100gです。

お母さんの体重が増えてしまうにはまだまだ早い時期です。

妊娠中期に入る5カ月あたりからおなかの中で赤ちゃんはぐんぐん育っていくのですが、それでも1キロを超えるのは妊娠7カ月以降になるのです。

目安として妊娠初期であればもともとの体重の10%以上減少していなければ大丈夫、ということを覚えておいてください。

”つわり”は、ひどいものなので…

妊娠中に体重が増えない、妊娠悪阻と診断されるほど、ひどいつわりで長期間悩まされてしまうお母さんの中には「私がこんな状態では健康な子供を産んであげられないのでは…」と不安になる方もいます。

ですが、妊娠悪阻で悩んでいた妊婦さんのほとんどが、健康な赤ちゃんを流産のリスクもなく出産したというのも事実なのです。

妊娠中に起こる悪阻というのは、妊娠によって体内に存在する胎児を異物として認識してしまうという、健康な体の働きによるものなのだそうです。

痩せた結果の”脱水症状”は、とっても危険

妊娠中の体重減少で一番怖いのが脱水症状になってしまうことなのだそうです。

妊娠中の体重減少で一番怖いのが脱水症状になってしまうことなのだそうです。

体重の大半は水分、ということは有名な話ですが妊娠中に栄養をとれない状況であったとしても、健康な赤ちゃんを出産することができている女性は多いということはご説明した通りですが、脱水症状に関しては、楽観視できません。

夏は特に水分補給に気を付けて

お母さんの体調そのものに変調をきたしてしまう症状ですし、立ちくらみや手足のしびれ、発熱これらの状態からさらに心臓や神経系統に異常がでると、外出時に倒れてしまってお腹を打ってしまったりすることにもなりますし、妊娠を継続するのが難しくなってしまうことにもつながりかねません。

ですから、できるだけ水分補給はしておくように気を付けておきましょう。

真夏は汗をかいてないからと油断せずに、時間を決めて水分補給するなどして、特に気を付けてください。

出産後に体重は自然に元に戻る?

出産後は、体重は自然に元に戻る?

出産後は増えてしまった体重や脂肪をどうやって減らそうかと悩む女性が多い中「減りすぎてしまった体重」に悩んでいる女性もいらっしゃいます。

出産後も体力回復、母乳で育てたり育児で本当に体力を使います。

体重が元どおりになるのに1~2年かかる人も

母乳育児になると、多くの女性は体重が減っていきますが、授乳する体になるために食欲が旺盛になることで自然ともとに戻りやすくなります

妊娠中体重減少に悩まされていた方のその後の体重の推移について調べてみると1,2年という長いスパンで戻ったという方もいらっしゃれば、3,4カ月という比較的短いスパンという方もおり個人差があるかもしれません。「太ろうと意識すること」は大事ですが体重が元に戻る期間には個人差があります。

病院へ行った方がいい?食事できてるかがポイント

最後にまとめとして、あまりにも妊娠中の体重減少がひどい場合には病院へ行ったほうがいいのか、情報を集めてみたいと思います。

まず、妊娠悪阻がひどく体重減少が止まらないという方についてはぜひ、早いうちに産婦人科で相談することをおすすめしたいと思います。

妊娠悪阻に対する対策として、食事も水分もとることができないほどの場合には、点滴によって栄養を補給することで対策できるのです。

これによって妊娠中にもっとも避けたい脱水症状を引き起こすリスクを回避することができます。

体重は減少していても食事がとれている、という場合には特に治療が必要ではなく、健康には問題なさそうです。

妊娠初期から中期の5カ月までは、つわりで体重が減少することはよくあることで、食事をある程度は摂れているのであれば、焦ってどうにかしようとプレッシャーを感じる必要はないのです。

タイトルとURLをコピーしました