食べられない摂食障害・拒食症が太る方法はあるか?

太る方法
食べられない摂食障害・拒食症

太るための最も簡単な方法は、たくさん食べて体に栄養を吸収してもらうことです。

でも、摂食障害が拒食症の方にとってはそれが一番難しいことですよね。

かといって、カロリーの高いものをドカ食いしても、健康的には太れません。

そればかりか罪悪感で吐いてしまうことも多いです。

では、摂食障害や拒食症の方は、どのようにすれば”健康的に太る”ことができるのでしょうか?

摂食障害や拒食症で体重が減ると女性は注意

それでは「太る方法」の前に摂食障害や拒食症で

もし、このまま体重が減り続けたらどうなるのか?

低体重のままでいると、どうなるのか?

大変不安だと思います。

太りたい気持ちは理解できますが、摂食障害や拒食症 は病気のため早期発見と治療が大切です。

生活習慣の改善など自分でできることをしても症状が改善しないときは、早めに摂食障害や拒食症を疑い、診断を受けてください。

女性は妊娠イベントが心配…

例えば女性は子供を妊娠し出産するという、大きなイベントがあります。

ですが、あまりにも体重が減りすぎてしまうと

  • 生理不順になったり、
  • 無排卵での生理(妊娠できない)になったり
  • 若いのに閉経したり
  • 不妊の原因になってしまう

こともあるのです。

つまり痩せすぎは「女性としての体の役割」が果たせなくなる…

というわけですね。

またそれ以外にも、標準体型から大きく外れると”あらゆる病気にかかりやすくなります”。

今は年齢定期に大丈夫でも、将来的にはドッと一気に病気になってしまうかもしれません。

今のうちからある程度は太って、体力をつけておきたいところですね。

ちなみに標準体重は、身長(m)×身長(m)×22で求められます。

もしこの標準体重から10%以上少なかったら要注意です!

摂食障害でも太りたいがクリニックでは?

摂食障害でも太る方法…

一番いいのは病院に行くことですが…

そんな説教くらうのはもう嫌ですよね(;’∀’)

病院に行くのが一番いいことくらい誰でもわかると思います。

なのでほかの方法もご紹介するのですが、一応、クリニックに行った場合の話を少し…。

クリニックでは、主に向精神薬を使って治療が始まります。

そのほかには、必要な栄養素を直接体に取り込む「オーソモレキュラー療法」「メガビタミン療法」なんてものもありますよ。

これらの方法は、血液検査で足りない栄養を調べてその栄養を補うものみたいです。

「向精神薬が怖いから病院には行かなかった!」

という方がもしいれば、これらの方法で治療してくれる病院を探すのも、よいかもしれませんね。

自宅で自分で、少しでも太れるように改善するには?

もし病院に行きたくないというのであれば、自宅で少し頑張ってみましょう。

もちろん病院ほどの効果は期待できませんが、とりあえず少しずつ前に進む方法ならありますよ。

  • 今、食べられる範囲で食べつつ
  • 消化酵素を飲みつつ
  • 食べる量が増やせたら、無理せずに少しずつ増やしていく

という方法です。

タイトルとURLをコピーしました