食べても太れない原因は病気?

太れないのは何かの病気?
太れないのは何かの病気?

「空気を吸っただけでも」「水を飲んだだけでも」太るという方もいれば、いくら食べても太れないという方もいます。

どうして私たちは、いくら食べても太れないのでしょう?

太るために絶対忘れちゃいけないルールがある!

摂取カロリーが消費カロリーを上回らないと太ることができないので「食べられないけど太りたい」というのは、“絶対に不可能”ということになります。

  • 少し食べただけで、高カロリーが摂れる食べ物を食べる(プロテインなど)
  • 食欲がない人でも、食欲が出るようにする(消化酵素など)

こんな方法で対策して太ることを意識していきましょう。

高カロリーを摂っているのに、太れない原因とは?

「食べているのに」「高カロリーを摂っているのに」太れない原因は、病気の可能性もありますので要チェックです!

太れない病気は、こんなのがある

可能性は低いのですが、痩せていく病気は、バセドウ病・糖尿病・癌などがあります。

・バセドウ病

甲状腺機能の亢進により、ホルモンが過剰に出ることで新陳代謝が上がってしまいます。

バセドウ病になった場合は、どんなに食べても痩せていきます。

イメージとしては、常にマラソンをしている時と同じような状態で、脈が速くなり、汗をかき、手が震えて空腹感があります。

バセドウ病は治療をしないで、自然に治るようなことはありません。

・糖尿病

必要なエネルギー(糖分)が体に吸収されず、血液中に留まってしまうことで、糖分があふれて尿に出てしまいます。

必要なエネルギーが体に吸収されませんから痩せていきます。

糖尿病のコントロールが悪ければ、悪いほど痩せてしまい、最悪命を落としたり、合併症を引き起こしてしまう恐ろしい病気の一つです。

・癌

日本人の2人に1人は癌になると言われている国民病で、癌細胞は正常な細胞と違い、かなりのエネルギーを必要とする異常細胞です。

癌になると必ず痩せてきますが、痛みや投薬、精神的ショックから食欲低下が起きる場合と、癌細胞自体がエネルギーを過剰消費してしまい栄養失調状態となる場合とあります。

病気以外の太れない原因

こちらは上記の病気と比べると当てはまりやすいと思います。

これらを治しても、劇的に太りやすくなる、というわけでは無いですね。

体のゆがみ、胃下垂など

体の歪みや胃下垂などがあると、内臓を圧迫し胃腸に負担をかけ、すぐに満腹感に達してあまり多く食べられなかったり、消化吸収がスムーズに行えなかったりします。

背筋はキチンと伸び、お腹(下腹部)がポコッと前に出ていませんか?もしかすると胃下垂かもしれません。

嚙み合わせや歯ならび

虫歯や抜けてしまっている歯、嚙み合わせが悪くはありませんか?

歯に問題がありますと、咀嚼(そしゃく:食物を細かくなるまでよく噛むこと)が、うまく出来ず、消化不良を起こし、消化管に負担をかけてしまいます。

それが原因で栄養が体に吸収されにくくなっているかもしれません。

ストレスや疲れ、メンタル

職場や学校で友人や先輩に何かを言われただけで、すぐ気分が落ち込み食欲が低下する場合や、疲れるとまず一眠りしてしまう人は、なかなか太れません。

神経質な人は、やせ型が多いというデータもあります。

「どんなことをしてでも太りたい」「健康的に太りたい」「痩せすぎと言われたくない」と思い詰めると、それだけでストレスになり、せっかく頑張ってカロリーのあるものを食べても、自律神経が興奮し、下痢してしまうこともあります。

どれも当てはまりそうにないなら…

実は多くの人が太れない理由は「食べた栄養を体が吸収してくれないから」で、やせ型の体型は胃腸の働きが弱くて、すぐに下痢や便秘になってしまうんです。

胃腸を健康にすることが第一ですね!

サイトで紹介してる消化酵素は胃腸の働きを助けてくれるので、私たちでも普通と同じ人のように、食べた分だけ体に反映してくれるようになります。

さらに消化も助けてくれるので、お腹がすきやすくなって、パクパク食べられるようにもなりますよ!

プッチェ
タイトルとURLをコピーしました